ページの先頭です
メニューの終端です。

デフマジシャンの不思議な世界~見て・感じて・体験しよう!~を開催しました

2017年9月4日

ページ番号:410054

デフマジシャンの不思議な世界~見て・感じて・体験しよう!~

障がいのある人もない人も、おたがいにその人らしさを認め合いながら、共に生きる社会をめざして、開催いたしました。

今回は、聴覚障がい者のマジシャンをお迎えし、マジックを通して手話を知らなくても、身ぶりなどで通じ合うことができること、いっしょに楽しむことができることを教えていただきました。

日時・場所

平成29年8月10日(木曜日)13時30分~

中央区民センターホール(大阪市中央区久太郎町1-2-27)

出演

マジシャン:ミスターかわづ アシスタント:木原順子

開催内容

第1部


和の音楽が鳴り響く中、お面をつけたミスターかわづが登場。観客からは、びっくりするお子様の声が聞こえたかと思えば、一瞬にしてマジックの世界の魔法がかかったかのような雰囲気になりました。


木箱の中から、青、赤、白などの布が次から次へと出てきました。


色とりどりの布の次は、ダルマが次々と出てきて、最後には大きなダルマが。いったいどうなっているのでしょうか?


次は、パワーポイントを使ってのお話です。ミスターかわづさんは、音が聞こえません。子どもからおとなになるまでのおいたちを聞きました。小さいころ、母が病院に連れて行ったところ、聴覚障がいであることがわかりました。両親は、とても心配しましたが、無事にろう学校を卒業。マジシャンになったきっかけは、1本のたばこが消えるマジックを見たことから、心が魅かれたそうです。その後、マジッククラブに入会。マジックを教えてくださる先生は、音が聞こえない人を教えるのは初めてで、本当にできるのか心配であったそうです。そのような中で、ミスターかわづさんは、聞こえない代わりに目で聴くことを心がけ、立派なマジシャンとなられました。今では、国内を問わず、海外でもトランクいっぱいにマジックをつめて、不思議なマジックの世界をみなさんにお届けしています。夢をかなえるためには、日々の努力が夢を近づけます。夢を追う人は、輝いています。やりたいと思ったときがチャンスだと教えていただきました。

第2部


第2部の始まりです。第2部では、観客席の皆様に参加していただきました。「どなたか舞台に出て、挑戦してみたい人」と司会者が聞くと、会場からは「はい」と元気いっぱいのたくさんの声が響きました。四角い木の板にある丸いあなにきゅうりを入れるとみごとにきゅうりは切れました。では、そこに腕を入れるとどうなるのでしょう。会場から挑戦してくれるという勇気あるお友達が登場。司会者が「恐くないの?」と聞くと、「恐いけどやってみたい!!」と。ドキドキしながら挑戦をしてくれました。


次は、簡単マジック講座です。会場入り口で皆さんに配布された白と黒の輪ゴムを使って、ミスターかわづさんにマジックを教えていただきました。会場のみなさんは、夢中になりながら簡単マジックをされていました。


簡単マジックの後は、手話のワンポイント講座です。ぐーの手を使った「おはよう」の手話、ちょきの手を使った「こんにちは」の手話、ぱーの手を使った「こんばんは」の手話、そして「ありがとう」の手話などを教えていただきました。とても小さなかわいい手で一生懸命にまねをしているお友達やお父さん、お母さんも一緒になって会場内は、たくさんの手話の花が咲いたようでした。

第3部


第3部は、イリュージョンマジックです。右側の女性が縄で縛られています。会場から参加していただいたお客様は、黒の上着を着ています。


黒い布をミスターかわづが一瞬のうちに、下から上、上から下にすると、どうなるのでしょう。


黒のコートは、縄で縛られていた女性が着ていました。数々のイリュージョンマジックの後には、会場から「えっ!どうして」と驚きの声がたくさん聞こえてきました。


手話の拍手は、どんなのかご存知ですか?両手をたたいても聴覚障がい者には、聞こえません。両手を胸元あたりで左右に回すように動かします。演目を終えた後は、会場内に手話の拍手でいっぱいです。共に喜びと感動を伝えあうことができました。

アンケートから

参加者のみなさんからたくさんのご意見・感想をいただきました。

一部をご紹介します。

  • 音が聞こえなくてもいろんなことができるんだなと思いました。
  • どんな境遇であっても、自分の好きなことを努力すれば、幸せになることがわかり、自分もがんばろうと思いました。
  • やる気とがんばりと理解でどんなことでもできてしまうと思った。
  • 健常者も少し手話を覚えれば、表情も豊かになりたいなと思います。
  • 話す以外にも、コミュニケーションの方法があるということがよくわかりました。

 

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする

探している情報が見つからない

このページに対してご意見をお聞かせください

入力欄を開く

ご注意

  1. ご質問等については、直接担当部署へお問い合わせください。
  2. 市政全般に関わるご意見・ご要望、ご提案などについては、市民の声別ウィンドウで開くへお寄せください。
  3. 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。

このページの作成者・問合せ先

中央区役所 市民協働課 市民活動支援グループ
電話: 06-6267-9743 ファックス: 06-6264-8283
住所: 〒541-8518 大阪市中央区久太郎町1丁目2番27号(中央区役所5階)

このページへの別ルート

表示