大阪市都市工学情報2次情報集 [論文情報]
整理番号06F0000215
原語日本語
執筆年2005
和文標題湊町リバープレイスの建設と運営
英文標題-
著者名渡瀬誠、大川昌孝、山添進一、根来雅和
団体著者名-
所属機関名大阪市建設局土木部河川課
資料名大阪市建設局主要事業報告集 (2004年度)
ページPAGE.509‐513
ジャンル文化・集客,アメニティ,土地区画整理事業
抄録文湊町リバープレイスの建設地である湊町地区は,,戦災復興土地区画整理事業の減歩により生じた都心の貴重な区画整理公園予定地だった。当公園予定地に昭和37年に阪神高速道路のランプが都市計画決定され,当初の計画通りに整備したのでは公園機能の確保,地域の活性化に繋がらないと懸念され,平成元年に創設された立体道路制度を活用しながら,道路一体建物を建設することにより問題解決を図った。湊町リバープレイスは,JR難波駅とに挟まれたウォーターフロントゾーンにおいて,湊町地区のにぎわい空間を創出することを目的に,「音楽文化の情報発信拠点」,「道頓堀川の水辺空間と調和の取れた都心部のオアシス空間」をコンセプトとした集客施設として,平成14年7月にオープンした。施設は主に,スタンディング形式の音楽ホール「なんばHatch」を核とする本棟部分と道頓堀川の水辺空間と一体の立体広場「プラザ」から構成されている。 <別のキーワード:ルネッサなんば>