連続講座 アートな大阪大発見(大阪市立図書館との連携イベント)

このイベントは終了しました。

「ユニークな個性を持つ近現代の大阪のアート」というテーマで、新美術館建設準備室の学芸員がそれぞれの担当分野に関してレクチャー。

 

講座の内容
 日時・場所講座タイトル講師
第1回平成25年
8月4日/阿倍野図書館
大阪の日本画 ― 1910~30年代小川知子(大阪新美術館建設準備室 主任学芸員)
第2回9月21日/天王寺図書館大阪を描く ― 佐伯祐三と国枝金三高柳有紀子(大阪新美術館建設準備室 学芸員)
第3回※10月14日/住吉図書館
10月19日/旭図書館
商都大阪のものづくりとデザイン植木啓子(大阪新美術館建設準備室 主任学芸員)
第4回※11月17日(午前)/港図書館
11月17日(午後)/東成図書館
変わりゆく風景と風景画 ― 近代の大阪を中心に清原佐知子(大阪新美術館建設準備室 学芸員)
第5回12月8日/中央図書館大阪の前衛写真 ― 1920~30年代菅谷富夫(大阪新美術館建設準備室 研究主幹)
第6回※12月1日/西淀川図書館
12月14日/浪速図書館
現在の大阪とアート ― 「地域で頑張る美術」とは?三井知行(大阪新美術館建設準備室 学芸員)

※同内容の講座を2か所で実施