シンポジウム「日本の戦後美術資料の収集・公開・活用を考える」

このイベントは終了しました。

シンポジウム「日本の戦後美術資料の収集・公開・活用を考える」

文化庁 平成27年度我が国の現代美術の海外発信事業 「シンポジウム 日本の戦後美術資料の収集・公開・活用を考える ~大阪新美術館建設準備室所蔵『具体美術協会』関係資料を中心に~」

日時:平成28年3月20日(日曜日・祝日)

会場:国立新美術館(東京) 3階 講堂

主催:大阪新美術館建設準備室、国立新美術館、文化庁

後援:全国美術館会議

参加者:101名

 本シンポジウムでは、近年、日本の戦後美術が国際的な研究の対象となっており、作品だけでなく資料の収集・整理と公開・活用が、美術館をはじめとする関係機関が直面している課題となっている現状を踏まえ、実際に現場で資料の管理・活用を行う美術館学芸員が、それぞれの経験を交えて講演と発表を行いました。そして、後半のディスカッションでは、美術館がアーカイブズ資料を扱う上での諸問題を、具体的な事例を挙げて議論するとともに、新たな美術館像を作り上げる上でのアーカイブズ活動の意義や、この活動を持続的なものにするために必要なことなどについて、将来をみすえた具体的な提言がなされました。

 また、シンポジウムの中で、大阪新美術館建設準備室所蔵の「具体」資料の来歴、寄贈の経緯と資料の概要を説明するとともに、今年度の資料整理成果の発表として、映像フィルムの一部を上映しました。

 

プログラム・登壇者

【参考】「具体美術協会」関係資料の寄贈についてはこちらをご覧ください(平成27年9月1日報道発表資料)。

 

シンポジウム記録・上映映像リスト

シンポジウム パンフレット

(PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。