アートアーカイヴ・シンポジウム「企業アーカイヴの現在」

このイベントは終了しました。

アートアーカイヴ・シンポジウム「企業アーカイヴの現在」

日時:平成29年10月14日(土曜日)

会場:大阪府立江之子島文化芸術創造センター 2階 ルーム8

主催:大阪新美術館建設準備室、特定非営利活動法人Japan Cultural Research Institute

協賛:株式会社髙島屋

当準備室とJCRIは平成26年5月にも、関西のアートアーカイヴに関するシンポジウムを開催しています。その際は大学、美術館を中心に当時、関西で立ち上げられつつあった各アートアーカイヴの姿を垣間見るとともに、それぞれの抱える課題とその解決に向けての方向を共有する機会になりました。

アートやデザインに関するアーカイヴは美術館や大学だけが取り組むものではありません。情報を集積し未来に活かす機能を持つアーカイヴは、高度情報社会を生き抜く企業にとっても重要なツールとなりつつあります。すでにいくつかの企業はアーカイヴ構築に着手し、また多くの企業が強い関心を持っています。

今回のシンポジウムでは、アーカイヴ構築に関する先進企業からパネリストをお招きし、企業内でのアーカイヴの取り組みに焦点を当て、企業アーカイヴならではの特色や課題について報告・討論しました。

 

講師

   司会:菅谷富夫(大阪新美術館建設準備室 研究主幹)