かたちのちから 高度成長期の美術篇[大阪市立近代美術館コレクションを中心に]

展覧会は終了しました。

かたちのちから 高度成長期の美術篇[大阪市立近代美術館コレクションを中心に]

◆会期 平成22年4月29日(木・祝)~ 6月20日(日)

◆会場  大阪市立近代美術館(仮称)心斎橋展示室

◇主催 大阪市立近代美術館建設準備室

◇出品作家
泉茂、磯辺行久、今井俊満、今井祝雄、植木茂、上前智祐、浮田要三、瑛九、大野秀隆(俶嵩)、岡田謙三、オノサトトシノブ、金山明、菅野聖子、菊畑茂久馬、木下佳通代、草間彌生、久保晃、河野芳夫、小島弘、下村良之介、白髪一雄、菅井汲、鷲見康夫、高崎元尚、田中敦子、坪内晃幸、名坂有子、早川良雄、福岡道雄、正延正俊、松谷武判、三上誠、三木富雄、向井修二、村上三郎、持田総章、元永定正、山崎つる子、山沢栄子、山田正亮、山中嘉一、吉原治良(敬称略、順不同)

 「かたちのちから」展は、目に見える「かたち」―人間が目に映る世界を整理して理解するために現実に当てはめている丸・三角・四角など―をキーワードに、近現代の美術を見ていこうという企画です。今回は主に大阪市立近代美術館コレクションから、日本の高度成長期―1950年代・60年代の美術を中心に取りあげます。

 この時代の日本美術は、当時の経済・社会と同様、激動と発展の中にありました。その作品を「かたち」という観点から見てみると、現実によらない形を描く抽象美術や、現実を単純な形態で構成するタイプの具象作品は既に円熟に達する一方、多様化する作品の中には「かたち」からはみ出していくものも多くあります。本展覧会では、40名あまりの作家による個性と多様性に溢れる約60点の作品を、あえて作者の意図や「~主義」「○○アート」という区分から離れ、作品と「かたち」との関係から3つの章に分けて展観し、従来の美術史的手法とは異なる視点で作品を紹介します。

 

「かたちのちから高度成長期の美術篇[大阪市立近代美術館コレクションを中心に]」展 関連イベント
イベントはすべて終了しました。

「まるいがっき:バンジョーにまつわるエトセトラ」 トーク&コンサート

ユニークな形の多い弦楽器から、円形(円筒形)の胴を持つバンジョーを取り上げます。名前や形は知られていても、実際に音を聴く機会の少ないバンジョー。その知られざる起源や日本との関わりについてのお話と生演奏をお楽しみください。

◇日時:5月26日(水)

◇演奏とお話:渡辺三郎、原さとし

◇開催場所:大阪市立近代美術館(仮称)心斎橋展示室 展示室内

 

「かたちのちから」展 来館者アンケートより (展覧会を見ての感想)