正延正俊/作品

1964年(昭和39) エナメル,綿布・合板 225.5×180.0cm

正延正俊/作品

作品解説

「具体」の初期会員の中でも年長の正延正俊は、師範学校を卒業後、具象的な絵画を制作し公募団体展などに出品していましたが、吉原と知り合ったころから急速に画風が抽象化し、1950年代半ばころには、その後の彼の作品を特徴づける、糸くずを丸めたような形態や手書きの線が画面全体を覆う独特な作風に達していました。1964年(昭和39)制作の本作品は、正延の作品の中ではかなり大きなもので、翌年のグタイピナコテカでの個展にも出品されました。縦横に動き回る細い線が驚異的な密度で広い画面全体を覆い尽くし、複雑に絡み合った線は、色とその密度の違いにより、うっすらとした十字のような形を浮かび上がらせます。色彩などの派手さはありませんが、執拗に描かれた線による濃密な画面が見る者を圧倒する、正延の特質がよく表れた作品となっています。

作家紹介

正延正俊 MASANOBU Masatoshi 1911–1995

1911年(明治44)、高知県須崎市に生まれる。1933年(昭和8)、高知県師範学校(現・高知大学)専攻科卒業、高知県内の小学校に図工教員として勤務。1935年(昭和10)、東京に移り小学校に勤務。1944年(昭和19)、神戸に移る。1969年(昭和44)まで神戸市内の小学校に勤めながら制作を続ける。1948年(昭和23)頃、吉原治良を知り師事するようになる。1954年(昭和29)、具体美術協会の結成に参加、以後1972年(昭和47)の解散まですべての具体美術展に出品する。1965年(昭和40)、グタイピナコテカで個展を開催。「具体」解散後は阪神間の画廊での個展や芦屋市展などを中心に活動。1995年(平成7)、84歳で死去。

次の作品を見る作品一覧に戻る
Copyright 大阪中之島美術館準備室 All Rights Reserved.