「具体」のリーダー・吉原治良 -その生涯と作品-

吉原治良

「具体美術協会」のリーダーとして、また「円」の画家として知られる吉原治良。彼は、「具体」結成以前から、つねに、前衛美術のパイオニアとして傑出した存在でした。

大阪の植物油問屋に生まれ、独学で油絵を学んだ吉原は、1928年(昭和3)に初個展を開催、「魚の画家」として注目を集めます。翌年の藤田嗣治との出会いによってオリジナリティの重要性に目覚めた吉原は、1930年代にはシュルレアリスム風の絵画から純粋抽象へと目まぐるしく画風を変化させ、1938年(昭和13)に二科会の前衛作家とともに「九室会」を結成。戦前の抽象美術をリードする存在となりました。第二次世界大戦下と戦後には一時期人や鳥をモチーフとした具象に立ちかえりますが、1950年代に再び線的抽象へ転じ、やがて激しい筆致や創作の行為の痕跡を残すアンフォルメル絵画へと展開します。1954年(昭和29)に「具体美術協会」を結成、リーダーとして「人のまねをするな」と若い芸術家たちを厳しく指導し、類いまれな手腕で国際的前衛美術団体へと導く一方、自らは単純にして多様な「円」の表現へと到達しました。

欧米の新しい美術動向に敏感に反応して次々と画風を変化させ、時に瑞々しく、時に先鋭的な表現で時代を先駆けた画家、吉原治良。戦中の困難な時期にも筆を離すことはなく、産み出された多様な絵画作品は、1,000点近くにのぼります。新美術館建設準備室は、吉原家からのご寄贈および購入により、初期から晩年にわたる吉原治良の作品約800点を所蔵しています。ここでは、各時代の代表作を選りすぐり、その画業をご紹介します。

  • 吉原の生涯
  • 吉原の作品

写真: 吉原治良(1958年撮影)『生誕100年記念 吉原治良展』カタログ(2005年)より転載

吉原の生涯
Copyright 大阪新美術館建設準備室 All Rights Reserved.