街角の広告(1927年)

街角の広告

《街角の広告》 1927年(昭和2) 油彩,カンヴァス 80.3×65.2cm

作品解説

急激な遠近法で画面奥に向かって小さくなっていく街並み。建物は左斜めに傾き、不安定さをあおるダイナミックな構図です。雨上がりでしょうか、壁や道は暗く沈み、鉛色の空も不穏な気配を漂わせます。その中で、正面を向いた壁に貼られたポスターの鮮やかな色彩がひときわ目を引きます。何の文字が書かれているのか、ほとんど読み取ることはできませんが、その線の形、連なるリズムそのものが大きな魅力となっています。引っ掻くような無数の細かい線は、ポスターの紙面を越えて壁を縦横に走り、さらには道路や斜めに連なる壁にも及んで疾走感をあおります。画面の右下にあるUzo Saeki 1927のサインでさえも、同様の線描で描かれ、この街並みの中に溶け込んでいます。

次の作品を見る作品一覧に戻る
Copyright 大阪新美術館建設準備室 All Rights Reserved.