ZOOZAQ

Staff Blog

スタッフブログ

2014/11/26 Wednesday

ホッキョクグマが生まれました

 

バフィンを10月28日から展示中止し、11月10日からは完全隔離して、担当者もホッキョクグマ舎に入らず、ゴーゴも終日屋外に出したままにし、静かな環境を整え、出産を待っていましたが11月25日午後4時にモニターを通じて赤ちゃんの鳴き声を確認しました。


担当者のメッセージをお届けします。
「バフィンが育児放棄しなかったのがなによりの喜びです。お母さんしてる姿見ると泣けてきます。ほんと落ち着いて、ベテランお母さんのようです。」
今後もいくつもの山があるでしょうが、今私たちにできるのは、離れた場所で可能な限り静かにモニターを通じて見守ってやることだけです。
モニターの映像をお届けしたいのですが、監視カメラの映像をブログに掲載する方法がいまのところないので、今しばらくお待ちください。


期間限定ですがNHKと毎日放送のホームページで今日のニュースの動画が流れています。鳴き声が少しだけお聞きいただけます。

NHK 関西ニュースWEB
http://www3.nhk.or.jp/kansai-news/20141126/3484081.html


毎日放送 MBS NEWS
http://www.mbs.jp/news/kansaiflash_GE000000000000006345.shtml

記事へ | トラックバック(3) | ホッキョクグマ / ・バフィン
トラックバックURL:http://blog.zaq.ne.jp/zoo_tennoji5/trackback/168/
※ブログ管理者が承認するまで表示されません

天王寺動物園で昨年11月25日に生まれたホッキョクグマの赤ちゃんが、今月10日から一般公開される。同園でホッキョクグマの出産は16年ぶり。
動物たちが駅まで出迎えてくれます――。大阪・天王寺動物園の動物の写真をあしらった壁画が、最寄りの大阪市営地下鉄の動物園前駅にお目見えした。
天王寺動物園が1日、開園から100周年を迎え、午前9時半から臨時開園した。100周年の節目を祝う様々な関連イベントが開かれ、早朝から大勢の来園者が詰めかけた。