ZOOZAQ

Staff Blog

スタッフブログ

2015/06/04 Thursday

ビルマニシキヘビ抱卵中

 

6月4日に投稿しました「ビルマニシキヘビ抱卵中」には事実に誤認があったので内容を修正し再投稿します。
(写真と動画は同じです)

5月30日にビルマニシキヘビが人工孵化したことを知らせしましたが、これらは6月4日のメス親の様子です。

3月24日に29個産卵しましたが、展示場は温度と湿度が低いためこれまで孵化には至らないと思い産卵した卵を全部取り上げて、人工孵化することにしました。

卵を全部取り上げ産卵場所の土などを回収したのですが、メス親は卵の微かなにおいをたどって産卵した場所に戻り卵がないのにずっと抱卵姿勢をとり続けてきました。
ビルマニシキヘビはビクッビクッと身体を震わせ、熱を出し卵を温めるといわれています。メス親は健気にもずっと抱卵姿勢をとり続けてきました。

孵卵日数を過ぎてもずっと抱卵姿勢をとり続けていたためメスが衰弱してきました。6月5日メスを捕まえて体を洗い、隔離して治療を開始しましたのでしばらくご覧頂くことはできません。

何もない卵を抱き続けてきたメス、早く元気になって欲しいと願っています。




身体をビクッビクッと震わせている様子を動画でご覧ください。


スマホの方はYoutubeでご覧ください


記事へ | トラックバック(0) | ビルマニシキヘビ / 抱卵
トラックバックURL:http://blog.zaq.ne.jp/zoo_tennoji5/trackback/389/
※ブログ管理者が承認するまで表示されません