ページの先頭です
メニューの終端です。

大阪市重度障がい者日常生活用具給付事業について

[2016年4月1日]

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
 在宅の重度障がい者(児)の方の生活の便宜を図るために、日常生活用具を給付します。

対象者

 身体障がい者手帳、療育手帳、精神障がい者保健福祉手帳のいずれかの交付を受けている者又は難病患者等で原則として在宅であること。障がい及び障がいの程度により対象となる品目が異なります。
 なお、65歳以上(特定疾病による場合は40歳以上)の障がい者の方などが要介護や要支援の状態となった場合は、要介護認定を受け介護保険のサービスを利用していただくことが基本になります。

品目一覧・自己負担額表


平成28年度より、情報・意思疎通支援用具として「人工喉頭(埋込型人工鼻)」が給付対象となります。

品目等一覧

Adobe Readerの入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

申請手続き

 購入前に各区保健福祉センター保健福祉課へ次の書類をご用意のうえ、申請手続きを行ってください。

 

必要書類

 ※平成28年1月1日以降の申請にはマイナンバーが必要です。詳細はこちら

  1. 重度障がい者日常生活用具給付申請書(様式第1号)
  2. 同意書(様式第2号)または課税資料など世帯の所得税額が確認できる書類
  3. 見積書
  4. 診断書(様式第3号)※難病患者等の場合
  5. 意見書(任意様式も可)※次のア・イに該当する方のほか、対象の確認のために提出が必要となる場合があります。
    ア)ネブライザー、電気式たん吸引器を申請される方で呼吸機能障がい3級と同程度であると医師の意見書で確認できる場合
    イ)人工喉頭(埋込型人工鼻)を申請される方で常時埋込型人工鼻を使用し、人工鼻用カセット等の必要性が医師の意見書で確認できる場合

 

お問合せ先

申請手続きに関すること

マイナンバー制度に関すること

要綱

 要綱についてはこちらをクリックしてください。
 大阪市重度障がい者日常生活用具給付要綱

このページについてご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか

  • このページの内容は分かりやすかったですか

  • このページは見つけやすかったですか

このページの作成者・問合せ先

大阪市福祉局障がい者施策部障がい支援課自立支援事業グループ

住所: 〒530-8201 大阪市北区中之島1丁目3番20号(大阪市役所6階)

電話: 06-6208-7986 ファックス: 06-6202-6962

メール送信フォーム


[ページの先頭へ戻る]