ページの先頭です

高齢者虐待の種類

2013年3月5日

ページ番号:113360

 高齢者虐待とは、高齢者が他の人からの不適切な扱いにより権利利益を侵害される状態や生命、健康、生活が損なわれるような状態におかれることをいいます。

高齢者虐待(高齢者虐待防止法)

高齢者虐待防止法では、高齢者虐待を次の2つに分けています。

養護者による高齢者虐待

 高齢者を現に養護する者(家族、親族、同居人等)による虐待

養介護施設従事者等による高齢者虐待

 老人福祉法や介護保険法に規定されている施設や事業所等の従事者による虐待

高齢者虐待の分類

高齢者虐待は次の5つの種類に分けられます。

身体的虐待


・平手打ちをする
・つねる
・殴る
・蹴る
・無理やり食事を口に入れる
・やけど・打撲させる

介護・世話の放棄・放任


・食事や水分を与えない
・おむつの交換をしない
・病気の兆候があるにもかかわらず診察を受けさせない
・暖房等の適切な環境をつくらない

心理的虐待


・怒鳴る
・悪口を言う
・排泄の失敗などを人前で話して恥をかかせる
・高齢者が話しかけているのに意図的に無視する

経済的虐待


・日常的に必要な金銭を渡さない、使わせない
・年金や預貯金を本人の意思・利益に反して使用する

性的虐待


・排泄の失敗に対して懲罰的に下半身を裸にして放置する
・性器への接触
・セックスを強要する

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする

このページの作成者・問合せ先

大阪市 福祉局生活福祉部地域福祉課相談支援グループ

住所:〒530-8201 大阪市北区中之島1丁目3番20号(大阪市役所2階)

電話:06-6208-8086

ファックス:06-6202-0990

メール送信フォーム