ページの先頭です

福祉局ホームページバナー広告掲載要項

2013年1月21日

ページ番号:197317

(設置) 
第1条 この要領は、大阪市広告掲載要綱に定めるもののほか、福祉局ホームページに掲載するバナー広告の取扱いについて必要な事項を定める。

(広告の範囲)
第2条 大阪市広告掲載要綱第4条の規定に定めるものに該当する広告は掲載しない。また、大阪市税滞納者の広告は掲載しない。なお、広告を掲載中であっても、該当するに至った場合は同様とする。

(広告表示内容に関する個別の基準)
第3条 広告の表示内容については、別表の各項目について検討し、判断することとする。その結果、内容の訂正・削除等が必要な場合には、その旨を広告事業者に依頼することとし、依頼を受けた広告事業者は、正当な理由がある場合以外は訂正・削除等に応じなければならない。 

(広告の規格等) 
第4条 規格、掲載位置、掲載期間、広告料及び選定方法等は、別途募集要項に記載する。
 
(広告掲載希望者の募集) 
第5条 広告掲載希望者の募集は、本市及び福祉局ホームページ等で公募する。    
 
(広告掲載の申込) 
第6条 広告掲載希望者は、福祉局バナー広告掲載申込書(第1号様式)により、指定する期間内に申し込むものとする。
 
(広告掲載の決定) 
第7条 福祉局長は、第2条の規定に基づき、広告掲載の可否を決定する。 
 2 広告掲載の可否を決定したときは、その結果等について申込者に広告掲載決定通知書(第2号様式)により通知する。

(広告原稿の作成及び提出)
第8条 広告主は、広告原稿を指定する期日までに、指定する場所に提出するものとする。
 2 広告原稿は、広告主の責任及び負担で作成するものとする。
 
(広告料) 
第9条 広告料については、アクセス数や類似広告の市場価格等を勘案し、決定する。 
 2 広告料は指定期日までに一括前納を原則とする。ただし、特別の理由があると認めたときは、この限りでない。 
 3 広告料については、公益に関するもの、その他特別の事情があると認めるものについては、これを減免することができる。    

(広告料の返還) 
第10条 徴収した広告料は還付しない。ただし、特段の理由があるときは、その全部または一部を還付することができる。 
  
(広告掲載の取消) 
第11条 福祉局長は、次の各号に該当する場合には、広告主又は広告取扱者への催告その他何らかの手続きを要することなく、広告の掲載を取消すことができる。  
 (1)指定する期日までに広告料の納付がないとき
 (2)指定する期日までに広告原稿の提出がないとき
 (3)その他必要と認めたとき
 
(広告掲載の取下) 
第12条 広告主又は広告取扱者が、書面による申し出により広告掲載を取下げた場合、納付済みの広告料は還付しない。 
 
(広告主の責務) 
第13条 広告主は、広告の内容等、掲載された広告に関する一切の責任を負うものとする。
 2 第三者から、広告に関連して損害を被った旨の賠償請求がなされた場合は、広告主の責任及び負担において解決することとする。    
  
(リンク先) 
第14条 広告主は、広告のリンク先を変更するときは、変更の1週間前までに担当部署に連絡するものとする。

  
附則 
 この要領は、平成18年8月29日から施行する。

附則 
 この要領は、平成24年4月1日から施行する。

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする

探している情報が見つからない

このページの作成者・問合せ先

大阪市 福祉局総務部総務課総務グループ

住所:〒530-8201 大阪市北区中之島1丁目3番20号(大阪市役所2階)

電話:06-6208-7911

ファックス:06-6202-6961

メール送信フォーム