ページの先頭です

平成27年度からの介護保険料が変わります

2015年4月1日

ページ番号:299620

介護保険料の改定について

 介護保険事業の円滑な運営を図るため、3年ごとに介護保険事業計画を策定し、サービス費用の見込み量等に基づき、介護保険料を算定しています。

 平成27年度からの第6期保険料については、要介護認定者の増加などにより、介護保険給付費の増加が見込まれるとともに、第1号被保険者の負担割合の変更など国における制度改正などの影響により、保険料が上昇しました。

 なお、第6期保険料については、全国的にも大幅な上昇となっております。

介護保険料改定周知ビラ

Adobe Acrobat Reader DCのダウンロード(無償)別ウィンドウで開く
PDFファイルの閲覧には Adobe Acrobat Reader DC が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Acrobat Reader DC をダウンロード(無償)してください。

介護保険料決定通知書の送付について

つぎのとおり、介護保険料決定通知書」をお送りします。

普通徴収の方(口座振替や納付書等により保険料を納めていただく方)

 毎年4月に、前年度の市町村民税等を用いて保険料を仮計算し、4月中旬「介護保険料決定通知書」をお送りします。
  また、当年度の市町村民税等を用いて再計算し、保険料額・徴収方法等に変更がある方には、再度7月中旬に、「介護保険料変更決定通知書」をお送りします。
 なお、保険料額・徴収方法等に変更がない方には、改めて通知書はお送りしませんので、4月中旬にお送りした「介護保険料決定通知書」の保険料額で確定となります。

特別徴収の方(年金から保険料を納めていただく方)

 特別徴収の方には、当年度の市町村民税等を用いて、年額保険料を算定し、10月・12月・2月に特別徴収される保険料および、翌年度の4月・6月・8月(翌年度仮徴収額)に特別徴収される保険料を記載した「介護保険料決定通知書」7月中旬にお送りします。 
 ただし、次の1・2に該当する場合は、4月中旬に「介護保険料決定通知書」をお送りします。

  1. 4月及び6月に特別徴収が開始となる場合
  2. 4月・6月・8月分の上期の保険料額と10月・12月・2月分の下期の保険料額に大きな差が生じる場合(1回にお支払いしていただく保険料が同じぐらいの金額になるよう、6月・8月分の保険料額が変更します。)

年度途中に保険料段階が変更となった方、普通徴収から特別徴収へ徴収方法等が変更された方は、改めて保険料変更決定通知書を送付します。

お問い合わせ

似たページを探す

探している情報が見つからない

このページの作成者・問合せ先

福祉局 高齢者施策部 介護保険課 保険給付グループ
電話: 06-6208-8059 ファックス: 06-6201-5175
住所: 〒530-8201 大阪市北区中之島1丁目3番20号(大阪市役所2階)