ページの先頭です

国民年金保険料の免除期間・納付猶予期間がある方へ

2017年4月1日

ページ番号:369589

国民年金保険料の免除期間・納付猶予期間がある方へ

国民年金保険料の免除(全額免除・一部免除・法定免除)、納付猶予、学生納付特例の承認を受けられた期間がある方は、老齢基礎年金(65歳から受ける年金)の受取り額が少なくなります。
将来受け取る老齢年金を増額するために、免除等が承認された期間の保険料については、10年以内であれば遡って納付(追納)することができます。

〈注意事項〉

  • 免除等の承認を受けられた期間の翌年度から起算して3年度以降の保険料を追納する場合、当時の保険料額に一定の加算額が上乗せされます。
  • 対象となる古い月から納付すべき保険料が納付されていなければ追納はできません。
  • 一部免除を受けた期間は、納付すべき保険料が納付されていなければ追納はできません。
  •  「納付猶予・学生納付特例」より先に経過した月分である場合は、どちらを優先して納付するか選択できます。

お問合せ先

お近くの年金事務所へお問い合わせください。

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする

探している情報が見つからない

このページの作成者・問合せ先

福祉局 生活福祉部 保険年金課 管理グループ
電話: 06-6208-7977 ファックス: 06-6202-4156
住所: 〒530-8201 大阪市北区中之島1丁目3番20号(大阪市役所4階)

メール送信フォーム