ページの先頭です

国民年金加入の手続き

2017年4月1日

ページ番号:369591

概要・内容

20歳になったとき、第2号被保険者または第3号被保険者から第1号被保険者に種別が変わったときは手続きが必要です。

20歳になったとき

20歳の誕生月の前月末日ごろに、日本年金機構から「国民年金被保険者資格取得届書」が送付されます。
必要事項を記入してお住まいの区の区役所保険年金業務担当窓口でお手続きください。(郵便でもお手続きできます。)

※保険料を納めることが困難な場合は、免除制度などがありますので、ご相談ください。

60歳になる前に退職したとき

会社員や公務員の第2号被保険者の方が60歳になる前に、退職したときは、第1号被保険者になりますので、お住まいの区の区役所保険年金業務担当窓口でお手続きください。

詳しくは、「就職・退職に伴う国民年金の手続き」をご覧ください。

被扶養配偶者であった方

被扶養配偶者であった方は次の場合に第3号被保険者から第1号被保険者になりますので、お住まいの区の区役所保険年金業務担当窓口でお手続きください。

  • 会社員や公務員の第2号被保険者の方が退職したとき
  • 会社員や公務員の配偶者が65歳になり年金の受給資格を有したとき
  • パート収入など、年間の収入が130万円以上になるとき
  • 会社員や公務員の第2号被保険者の方と離婚したとき

お持ちいただく物

  • 年金手帳
  • 印かん
  • 健康保険・厚生年金保険の資格喪失日が記載されている書類
    (健康保険・厚生年金保険資格喪失証明書 等)

    ※ただし、被保険者が届書に自ら署名する場合は、印かんは不要です。

お問合せ先

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする

探している情報が見つからない

このページの作成者・問合せ先

福祉局 生活福祉部 保険年金課 管理グループ
電話: 06-6208-7977 ファックス: 06-6202-4156
住所: 〒530-8201 大阪市北区中之島1丁目3番20号(大阪市役所4階)

メール送信フォーム