ページの先頭です

療養の給付

2016年12月19日

ページ番号:370760

 病院などの窓口で保険証などを提示すれば、かかった費用の一部を支払うだけで、診察・投薬・注射などの処置・手術・入院などの療養の給付が受けられます。

自己負担割合

  • 70歳以上の方:2割(ただし、生年月日が昭和19年4月1日以前の方は1割)
  • 70歳以上で現役並み所得者:3割
  • 義務教育就学から70歳未満の方:3割
  • 義務教育就学前:2割

    ※入院の場合は、食事代などの標準負担額が別に必要です。

精神・結核医療付加金

 次のいずれかにあてはまり、医療にかかった費用の一部を負担する場合は、医療付加金が支給されますので、医療機関等で自己負担の必要はありません。
  • 精神保健福祉法による措置入院
  • 障害者総合支援法による精神通院医療
  • 感染症法第37条による入院結核医療
  • 感染症法第37条の2による結核医療

     大阪府外の医療機関等では取り扱えない場合があります。その場合は、支払った領収書をお持ちのうえ、お住まいの区の区役所保険年金業務担当(保険)で申請をお願いします。

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする

探している情報が見つからない

このページの作成者・問合せ先

大阪市 福祉局生活福祉部保険年金課給付グループ

住所:〒530-8201 大阪市北区中之島1丁目3番20号(大阪市役所4階)

電話:06-6208-7967

ファックス:06-6202-4156

メール送信フォーム