ページの先頭です

病院勤務の医療従事者向け認知症対応力向上研修を開催します

2017年6月22日

ページ番号:402554

 一般病院においては、身体合併症への対応は行われても、認知症の対応に苦慮する事例がしばしば見られます。今回は、認知症の方やご家族を支えるための必要な知識や方法、先駆的な取り組みを行っている病院の実践報告などを学び、認知症の方への充実した医療の提供を目指して本研修を開催します。

開催案内
研修名病院勤務の医療従事者向け認知症対応力向上研修
日時平成29年7月19日水曜日 18時~20時
場所大阪市立大学医学部学舎4階大講義室
対象者病院勤務の医師・看護師等医療従事者
定員250名
 座長大阪市立大学大学院医学研究科神経精神医学教授
井上幸紀 氏

講義

講師

目的編講義1医療現場における認知症の課題と本研修の目的
講師大阪市立弘済院附属病院副病院長、認知症疾患医療センター長
中西亜紀 氏

対応力編

講義2せん妄とBPSD対策~一般病棟での診断・治療とケア~
講師大阪市立大学大学院医学研究科神経精神医学講師
松田泰範 氏
連携編講義3総合病院におけるせん妄・認知症ケアの取り組み
講師大阪市立総合医療センター精神神経科医師
粥川朋哉 氏
大阪市立総合医療センター精神看護専門看護師
福岡敦子 氏
大阪市立総合医療センター認知症看護認定看護師
堀 治 氏
参加費無料
申込方法大阪市電子申請システム」よりインターネットでお申し込みください。
申込期限平成29年7月7日金曜日 17時30分
共催大阪市指定 認知症疾患医療センター
(大阪市立大学医学部附属病院・ほくとクリニック病院・大阪市立弘済院附属病院)
問合せ先福祉局高齢者施策部高齢福祉課認知症施策グループ
備考・複数の方で受講ご希望の場合であっても、まとめて申し込むことはできません。
・定員を超えた場合は、モニタールームになる場合があります。
・申し込みが多数の場合は、先着順となります。全員の方に順次メールでお知らせしますので、ファイルをダウンロードして、結果をご確認ください。
・受講票は、必ず開催当日にご持参ください。
・研修を受講された方には、大阪市発行の修了証書を交付します。
・受講者の修了証書は、ご所属の病院あて送付します。
・参加申込のためにご記入いただいた個人情報は、修了証書の発行等、研修の運営管理にのみ使用します。

研修案内チラシ

Adobe Acrobat Reader DCのダウンロード(無償)別ウィンドウで開く
PDFファイルを閲覧できない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Acrobat Reader DC をダウンロード(無償)してください。

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする

探している情報が見つからない

このページの作成者・問合せ先

大阪市 福祉局高齢者施策部高齢福祉課認知症施策グループ

住所:〒530-8201 大阪市北区中之島1丁目3番20号(大阪市役所2階)

電話:06-6208-8051

ファックス:06-6202-6964

メール送信フォーム

このページへの別ルート

表示