ページの先頭です

神奈川県相模原市の障がい者支援施設における殺傷事件から2年

2018年7月26日

ページ番号:442481

「共生社会」の実現に向けて私達にできること

 神奈川県相模原市の障がい者支援施設「津久井やまゆり園」で、多くの障がいのある方々の尊い命が奪われ、また、傷つけられるという痛ましい事件から、今日で2年が経ちました。決してこの事件を風化させないためにも、改めて、私達一人ひとりが、すべての人たちの命の大切さや尊さについて考えなければなりません。

 しかしながら、未だに障がいのある方が犠牲になる事件が起こっています。障がいのある家族を長年に渡り自宅で監禁する事件が相次いで発覚し、衰弱死に至る事件もありました。障がい者やその家族が社会から孤立し、周囲も気づくことができなかった事件です。

 このような痛ましい事件を二度と起こさないためにも、障がいや障がいのある人を理解し、社会から孤立することなく支え合いながら、共に自分らしく安心して暮らしていける「共生社会」を実現しなければなりません。

 また、6月の大阪府北部の地震や7月の西日本を中心に発生した記録的な豪雨では、多くの方々が犠牲になられました。お亡くなりになられた方々のご冥福をお祈りいたしますとともに、被災された方々に心からお見舞い申し上げます。今回の地震や豪雨による災害で、人命の尊さ、共に支え合うことの大切さについて改めて気づかれた方も多いのではないでしょうか。

 私達一人ひとりが、すべての人たちの命の大切さや尊さについて考え、そして共に支え合う社会は、すべての人が暮しやすい豊かな社会です。この「共生社会」を実現するためには、多くの方々の犠牲を払った事件や事故、災害を通じて感じたことを、具体的な行動につなげていかなければなりません。

 大阪府内で、障がいのある方をはじめ援助や配慮を必要とする方やその家族の方への思いやりのある行動を広める取り組みとして「ヘルプマーク」を配布しています。また、大阪市では、様々な障がいの特性や必要な配慮を理解し、「ちょっとした手助けや配慮」を行うことで、誰もが住みやすい社会をめざすため「あいサポート運動」を実施しています。

 これらの取り組みにより、思いやり、支え合いの輪が広がってほしいと思います。困っている方に声をかけることは勇気のいることですが、皆さんお一人おひとりの勇気と優しさが、誰もが暮らしやすい社会につながっていきます。

 大阪市では、これからも「共生社会」の実現に積極的に取り組んでまいります。皆さんのご理解とご協力をよろしくお願いします。

 障がいのある皆さんは、虐待や差別を受けて、嫌な思いをしたり、困ったことがあったときは、一人で悩まず、周りのご家族や友達、支援を受けている人に相談してください。大阪市内にも、皆さんの力になるための相談窓口を設けています。ぜひ、相談してください。

 

  平成30年7月26日

    大阪市福祉局障がい者施策部長 中島 進

神奈川県相模原市の障がい者支援施設における殺傷事件から2年

Adobe Acrobat Reader DCのダウンロード(無償)別ウィンドウで開く
PDFファイルを閲覧できない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Acrobat Reader DC をダウンロード(無償)してください。

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る
  • Google+で共有する

探している情報が見つからない

このページの作成者・問合せ先

大阪市 福祉局障がい者施策部障がい福祉課施設グループ

住所:〒530-8201 大阪市北区中之島1丁目3番20号(大阪市役所6階)

電話:06-6208-8075

ファックス:06-6202-6962

メール送信フォーム