ページの先頭です
メニューの終端です。

毎年6月は「食育月間」毎月19日は「食育の日」

2017年6月1日

ページ番号:399832

毎年6月は「食育月間」毎月19日は「食育の日」

食育とは

食育基本法 前文より

  • 「生きる上での基本であって、知育、徳育及び体育の基礎となるべきもの」
  • 「様々な経験を通じて「食」に関する知識と「食」を選択する力を習得し、健全な食生活を実践することができる人間を育てること」

6月は食育月間、19日は食育の日

 第3次食育推進基本計画では、毎年6月を「食育月間」、毎月19日を「食育の日」と定めています。 

 食育の主役は、みなさん一人ひとりです。毎日をいきいきと、生涯にわたって心も体も健康で、質の高い生活を送るために、できることから始めてみませんか。

 「食育月間」や「食育の日」をきっかけに、生きていく上で欠かすことのできない日頃の「食」について見直してみましょう。

やってみよう!たのしく食育 かしこく食べよ!おおさかし

栄養バランスを考えましょう

 生涯にわたって健やかで豊かな生活を過ごすためには健全な食生活の実践が重要であり、一人ひとりが栄養バランスに配慮した食事をとる必要があります。

 食事バランスガイド別ウィンドウで開くを活用し、毎食「主食・主菜・副菜」をそろえて食べる食習慣を実践しましょう!

毎食「主食・主菜・副菜」をそろえましょう

丼や麺類などの単品料理は、野菜の一品をプラス!

野菜の1日摂取目安量は350gです。生活習慣病予防のためにも毎食1皿以上は野菜料理を食べましょう!

丼や麺類も副菜と一緒に食べましょう


丼や麺類などの単品料理も、野菜・きのこ・いも・海藻等を主な材料とした副菜と一緒に食べましょう。

副菜イラスト

☆プラス1品におすすめ☆

野菜サラダ、ほうれん草のお浸し(野菜約70g)
野菜煮物、野菜炒め(野菜約140g)

毎日忘れず食べましょう

 牛乳・乳製品や果物も、毎日食べると、より栄養バランスが良くなります。

 間食として食べるのもいいですね。

牛乳・乳製品と果物のイラスト

やってみよう!たのしく食育

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る
  • Google+で共有する

探している情報が見つからない

このページに対してご意見をお聞かせください

入力欄を開く

ご注意

  1. ご質問等については、直接担当部署へお問い合わせください。
  2. 市政全般に関わるご意見・ご要望、ご提案などについては、市民の声別ウィンドウで開くへお寄せください。
  3. 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。

このページの作成者・問合せ先

大阪市東成区役所 保健福祉課健康推進

〒537-8501 大阪市東成区大今里西2丁目8番4号(東成区役所2階)

電話:06-6977-9882

ファックス:06-6972-2781

メール送信フォーム