ページの先頭です
メニューの終端です。

長柄橋(ながらばし)

[2009年3月16日]

東淀川区柴島1丁目
長柄橋の写真

 長柄橋は、柴島1丁目と北区天神橋8丁目を結び、淀川を渡る橋長655.6メートル、幅員20.0メートルの橋で、府道大阪高槻京都線が通り大阪の中心部から吹田・茨木・高槻を経て京都方面へ至る交通の要地となっています。
 長柄橋は、古くから架橋に関しての伝えが多くあり、幾多の歌や物語が刻み込まれた名橋で、『長柄の人柱伝説』が残っている橋でもあります。
 明治42年(1909年)に、淀川改良工事にあわせて、新淀川にかかる橋の第1号として架設されました。昭和11年には2代目の橋が現在の橋の下流30メートルの位置にゲルバー式鋼鈑桁橋として建設されました。この橋は、第2次世界大戦末期に被弾して橋桁が大きく損傷し、橋の下に避難していた人々が多数犠牲になりました。
 その後の交通量の増加に伴い、北詰交差点付近で交通渋滞が慢性化するようになり、昭和39年に長柄バイパスの架設が行なわれ、橋の途中からb字型の曲線橋をつぎ足し、路線平面は極度に湾曲する市内でも珍しい形の橋になりました。その橋も、昭和46年の淀川改修計画により、河川敷の南端に片寄っていた低水路を中央部に移す治水工事などに伴って、3代目の橋として昭和58年3月に完成しました。この橋に採用された中央部のニールセン・ローゼ桁は、両サイドが内側に傾斜している珍しい形です。長柄バイパスにより交通混雑も解消され、親水エリアの河川敷の公園化が進められ、アーチ形式は周辺景観に溶け込んだランドマーク的存在となっています。

(「広報ひがしよどがわ」平成16年5月号に掲載)
Copyright (C) City of Osaka All rights reserved.