ページの先頭です

報道発表資料 大阪市と公立大学法人大阪市立大学との大阪市の地域福祉等の向上のための有効性実証に関する連携協定を締結しました

2016年6月30日

ページ番号:364968

問合せ先:ICT戦略室ICT戦略担当(06-6208-7507) 福祉局生活福祉部保護課(06-6208-8043) 大阪市立大学 地域連携センター(学務企画課 地域貢献担当)(06-6605-3504)

平成28年6月30日 14時発表

同時資料提供:大阪科学・大学記者クラブ

平成28年6月30日(木曜日)に、大阪市と公立大学法人大阪市立大学との大阪市の地域福祉等の向上のための有効性実証に関する連携協定を締結しました。

この協定は、大阪市と公立大学法人大阪市立大学が連携し、大阪市の地域福祉等の充実を主眼とする福祉の取り組みの推進と、大阪市立大学の教育・学術研究機能の向上及び大阪市におけるビッグデータ分析の考え方や手続きなどの確立を目的としています。

連携事項

  1. 大阪市の保有する福祉情報等の分析に関すること
  2. 生活の安心を支えるセーフティネットの円滑運営に関すること

  3. 高齢者・障がい者・生活困窮者等の相談・支援の仕組みづくりに関すること

  4. 区や地域の実情に応じた地域福祉等の推進に関すること

  5. 大阪市立大学が行う人材育成における地域課題を多面的に捉え、地域政策に貢献できる人材の育成に関すること

  6. 大阪市立大学における学術的研究への行政データの利活用の推進に関すること

  7. 大阪市におけるビッグデータ分析の考え方や手続きなどの確立に関すること

  8. その他両者が必要と認める事項に関すること

連携協定書(全文)

Adobe Acrobat Reader DCのダウンロード(無償)別ウィンドウで開く
PDFファイルの閲覧には Adobe Acrobat Reader DC が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Acrobat Reader DC をダウンロード(無償)してください。

探している情報が見つからない