ページの先頭です

報道発表資料 産学連携による研究への支援により新技術が開発されました~指先の毛細血管画像の数値化に成功~

2016年1月26日

ページ番号:339336

問合せ先:経済戦略局立地推進部イノベーション担当(06-6615-3015)

平成28年1月26日 14時発表

同時資料提供:大阪科学・大学記者クラブ、文部科学記者会、科学記者会

  このたび、平成25年度に大阪市イノベーション創出支援補助金の交付を受けた大阪大学と、あっと株式会社との共同研究事業(平成25年10月25日報道発表資料)の継続的な実施により、指先の毛細血管画像の数値化に成功しました。

 大阪市では、大阪市内に事業所のある企業又は個人と連携する大学を対象とし、大学の研究成果・技術をもとにした事業化に向けた取組みに対して補助を行い、企業等との共同研究を加速させる「大阪市イノベーション創出支援補助金(ホームページの公開は終了しています)」事業を実施しています。「大阪市イノベーション創出支援補助金」事業において、平成23年度から平成27年度までの5年間で44件の研究開発にかかる費用の一部を補助して、その実用化に向けた取組みを推進しています。

 今後も、大阪市内の企業等との先進的な共同研究開発の事業化を促進し、本市の経済活性化を図ってまいります。


研究の概要

 大阪大学別ウィンドウで開くあっと株式会社別ウィンドウで開くとの共同研究によって、非侵襲(しんしゅう)(皮膚・または体の開口部への器具の挿入を必要としない手で行う技術)の皮下毛細血管画像から毛細血管のみの画像を鮮明に抽出することで、毛細血管の長さ・太さ・面積の自動計測によって数値化することに成功しました。また、このコア技術を搭載した毛細血管画像数値化システム”Capillary Analysis System“の開発に至り、同社より毛細血管画像の受託解析サービスがメディカル・ヘルスケア分野の研究者向けにリリースされました。同システムにより、これまで数値化に5分程度要したところ、5秒で計測できるようになりました。

 本研究成果によって、客観的・科学的根拠に基づいた生活習慣病等の予防法の開発や早期診断につながる技術の開発が期待されます。また、このような機器が将来的に薬局やフィットネスクラブなどに提供され、市民が客観的に健康状態を測定できるようになれば、健康意識の向上に繋がることが期待されます。

 詳しくは、大阪大学の報道発表資料を参照ください。

大阪大学の報道発表資料

Adobe Acrobat Reader DCのダウンロード(無償)別ウィンドウで開く
PDFファイルの閲覧には Adobe Acrobat Reader DC が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Acrobat Reader DC をダウンロード(無償)してください。

大阪市の取り組み事業

 あっと株式会社が実施する本プロジェクトに関して、「大阪トップランナー育成事業」において平成25年度に認定し、特許申請や販路開拓等のサポートを実施してきました。


本件に関する問い合わせ先

「研究」に関すること

 大阪大学大学院医学系研究科保健学専攻 招へい准教授 中根和昭(なかね かずあき)

 電話:06-6879-2595 メールアドレス:k-nakane@sahs.med.osaka-u.ac.jp

「大阪市イノベーション創出支援補助金」に関すること

 大阪市経済戦略局立地推進部イノベーション担当

 電話:06-6615-3018 メールアドレス:ga0025@city.osaka.lg.jp

「大阪トップランナー育成事業」に関すること

 大阪市経済戦略局立地推進部事業創出担当

 電話:06-6615-3727 メールアドレス:ga0018@city.osaka.lg.jp

探している情報が見つからない