ページの先頭です

報道発表資料 大阪市長がドイツ連邦共和国(ハンブルク市)を訪問します

2017年11月9日

ページ番号:414122

問合せ先:経済戦略局立地交流推進部国際担当(06-6615-3767)

平成29年11月9日 14時発表

 大阪市長は、平成29年11月17日(金曜日)から18日(土曜日)まで、ドイツ連邦共和国(ハンブルク市)を訪問します。

 現地では、姉妹都市との連携強化を図るとともに、G20サミット首脳会議開催実績にかかる情報交換、行政視察等を行う予定です。

出張概要

1.訪問時期(全体日程)

平成29年11月14日(火曜日)から19日(日曜日)までの6日間

※11月14日(火曜日)から16日(木曜日)までは、2025日本万国博覧会誘致委員会の業務に従事予定です。(詳しくは、「2025日本万国博覧会誘致委員会が博覧会国際事務局(BIE)総会に出席します」(平成29年11月9日付け報道発表資料)を参照してください。)

2.訪問国

ドイツ連邦共和国(ハンブルク市)

3.訪問目的

姉妹都市との連携強化、G20開催実績にかかる情報交換、行政視察 等

4.日程概要(予定)※時間は現地時間

行程表

日付

時間帯

行程 

11月14日(火曜日)

午前

午後

大阪発

パリ着(フランス共和国)

(誘致委員会業務)

11月15日(水曜日)

(誘致委員会業務)

11月16日(木曜日)

(誘致委員会業務)

11月17日(金曜日)

午前

午後

パリ発

ハンブルク着

ハンブルク市との意見交換会

行政視察(エルプフィルハーモニー・ハンブルク)

ハンブルク市長表敬

行政視察(ハンブルクメッセ)

在ハンブルク日本国総領事との意見交換

(ハンブルク泊)

11月18日(土曜日)

午前

ハンブルク発

11月19日(日曜日)

午前

大阪着

ハンブルク市訪問について

目的

 市長表敬等を通じて姉妹都市関係の一層の強化を図る。また、大阪への誘致をめざしている2019年のG20サミット首脳会議について、ハンブルク市が2017年の開催都市であったことから、開催実績等についてのヒアリングならびに開催施設の視察を行い、今後の誘致施策の参考とする。

エルプフィルハーモニー・ハンブルク及びハンブルクメッセ視察について

 2017年G20サミット首脳会議の開催施設であったエルプフィルハーモニー・ハンブルク及びハンブルクメッセの視察と意見交換を行い、今後の誘致活動の参考とする。

 

  • エルプフィルハーモニー・ハンブルク

 平成29年(2017年)1月にオープンしたドイツ・ハンブルクのハーフェンシティ地区にあるコンサートホール。G20サミット首脳会議初日に各国首脳等を招待したコンサートを実施。

  • ハンブルクメッセ

 ハンブルク市の中心部にある大規模展示場。2017年G20サミット首脳会議の主会場。

探している情報が見つからない