ページの先頭です

報道発表資料 JETRO Innovation Program(JIP)深セン参加企業10社が決定 ~中国のシリコンバレーにおける初プロジェクト始動~

2017年10月30日

ページ番号:415310

問合せ先:経済戦略局立地交流推進部イノベーション担当(06-6615-3015)

平成29年10月30日 14時発表

同時資料提供:貿易記者会、経済産業記者会

 大阪市は独立行政法人日本貿易振興機構(JETRO)大阪本部と連携し、海外起業支援プログラム「JETRO Innovation Program (JIP)深セン・プログラム」(平成29年7月27日報道発表済み)を実施していますが、このたび本プログラムにおける10社の最終参加者が決定しました。

 本事業は日本国内で知的財産権を有する優れた中堅・中小・ベンチャー企業向けに実施しており、選定にあたっては、(1)製造業、またはハードウェアを必要とするビジネス、(2)従来の深センの強みを発揮できる(電機・電子)、(3)今後、中国市場で必要とされる(医療・環境・新素材等)、(4)深センを基盤に、グローバルな展開が期待できる(IoT等)の4点を重視し、「大阪イノベーションハブ(OIH)」におけるブートキャンプやメンタリング等を経て決定しました。

 参加企業は、深セン・清華大学研究院の協力の下、平成29年11月に中国最大の先端技術見本市(China Hi-Tech Fair)に出展するほか、現地有力投資家やビジネスパートナーを招いたピッチイベントに登壇します。また、現地でのビジネスマッチングに向け、同研究院所属の専門家を、各社に個別にメンター(相談員)として配置し、ビジネスモデル構築支援を行います。

 大阪市は平成22年に深セン市と覚書を締結し、経済面等での交流実績があることから、JETRO大阪本部と連携して本事業を実施しています。これからも、大阪が我が国における深センへのゲートウェイの役割を担えるよう取組みを進めていきます。

 

1 参加企業と主な製品

企業名

所在地

主な製品

1.    

合同会社アオ

大阪市

IoTサービスの企画・設計・開発 販売業務情報基盤サービス

http://cvao.co別ウィンドウで開く / http://aoamas.com別ウィンドウで開く

2.    

あっと株式会社

大阪市

「血管美人」 毛細血管解析

http://kekkan-bijin.jp別ウィンドウで開く

3.    

Compower Inc.

地域エネルギー株式会社

東京都

「スマートグリッド」、太陽光買取、太陽光発電所メンテナンス

http://amii.compower.jp/別ウィンドウで開く

4.    

グリッドマーク株式会社

東京都

音声ペン、スマートペン等(ドットから構成されるコード技術)http://www.gridmark.co.jp別ウィンドウで開く

5.    

ゴイク電池株式会社

大阪市

電池診断装置(電池診断技術)、  急速充電装置

http://goiku.com/別ウィンドウで開く

6.    

株式会社C-INK

岡山県

金属ナノインク製造開発 (クラックのない金属膜形成)http://cink.jp/別ウィンドウで開く

7.    

株式会社チャレンジ

東京都

地震速報装置・システム開発製造

http://www.challengego.co.jp別ウィンドウで開く

8.    

株式会社テクリコ

大阪市

医療ソフトウェア開発及び運営

http://www.rehamaru.jp別ウィンドウで開く

9.    

株式会社パリティ・イノベーションズ

東大阪市

「空中映像」次世代映像技術

http://www.piq.co.jp別ウィンドウで開く

10.   

株式会社ブルー・スターR&D

神奈川県

超音波バリ取り洗浄装置研究・開発・製造

http://blue-galaxy.co.jp/別ウィンドウで開く

2 本プログラムでめざすビジネスモデル

  • ライセンス契約(中国国内のみ、または、北米や欧州での展開)
  • 中国に独資(外国側100パーセント出資)で法人を立ち上げ、中国国内で資金調達
  • 中国企業と合弁企業を立ち上げ、中国国内で事業支援や資金調達
  • シード期(製品開発の発想段階)におけるアイデアの製品化(プロトタイプ制作、技術支援等)
  • 中国企業との提携を通じた高付加価値製品の量産化(生産委託、技術提携等)

3 事業パートナー

深セン・清華大学研究院(Research Institute of Tsinghua University of Shenzhen, RITS)

 深セン・清華大学研究院は、平成8年12月、深セン市政府と清華大学が50パーセントずつ共同出資して設立。「産学研資」機能をもつ事業単位(政策実施機関)で、技術交流、知財運用分野において、20年以上の経験を有する。傘下の投資会社(平成11年設立、力合科創集団)と知財金融会社(平成21年設立、力合金融)を通じて、ハイテク分野のスタートアップ企業に、投資、技術マッチング支援等を実施。支援企業は累計1,500社、現在支援中の企業は900社近く(主な育成事例はスマートハウス/金属の3Dプリンティング/燃料電池等)に及ぶ。また、同研究院の指導員(メンター)4名は、オックスフォード大学やスタンフォード大学等の欧米大学で教育を受けた者が多く、グローバルな観点で起業支援を行っている。

4 イベント概要

  • 11月15日(水曜日): ピッチイベント(ビジネスモデル発表)

   会場:深セン・清華大学研究院

  • 11月16日(木曜日)、17日(金曜日): 先端技術見本市-China Hi-Tech Fair

   会場:深センコンベンション&エキジビション・センター(Shenzhen Convention & Exhibition Center)

5 問合せ先

JIPプログラム全般に関して

JETRO 知的財産・イノベーション部イノベーション促進課  担当:坂本、新田

電話:03-3582-5770  メール:IIB@jetro.go.jp

深センプログラムに関して

JETRO大阪本部 事業推進課 担当:反町、寺井、岡

電話:06-4705-8602   メール:os_kikai@jetro.go.jp

探している情報が見つからない