ページの先頭です

報道発表資料 天王寺動物園でジャガーの赤ちゃんが生まれました

2016年4月27日

ページ番号:352795

問合せ先:建設局天王寺動物公園事務所 動物園担当(06-6771-2174)

平成28年4月27日 14時発表

同時資料提供:南大阪記者クラブ

 天王寺動物園では、平成28年4月21日(木曜日)にジャガーの赤ちゃんが2頭生まれました(前回の誕生は平成26年8月9日)。現在の大きさは約30センチメートルです。現在母親が育てているため、性別・体重等は分かっておりません。

 平成14年3月15日秋田市大森山動物園からオスの「ジャガオ」をブリーディングローン(※1)で借り入れ、繁殖をめざしていましたが、平成14年8月7日にメスが死亡して以来、長い間オス1頭で飼育してきました。

 平成23年3月24日に中国の上海市動物園との第17次動物交流(※2)としてメスの「ルース」をむかえ、平成26年に続き、今回の繁殖に至りました。現時点では赤ちゃんの公開日は未定ですが、育成状況を見て改めて発表します。

(※1)ブリーディングローン

動物園同士が繁殖を目的として動物を貸し出し、あるいは借り入れする契約のこと。貸し出した動物の所有権を元の動物園に残したまま動物を移動させることができるので、希少動物の繁殖が活発に行えるメリットがあります。生まれた子どもの所有権については両者で協議します。

(※2)動物交流

1974年(昭和49年)に大阪市が上海市と友好都市提携を結んだことを記念して、動物交流事業が開始されました。それ以来、両市の友好ならびに希少動物の保護・増殖を目的として、動物の交換による飼育管理の技術交流、ならびに動物飼育施設・集客施設としての運営に関する情報交換を継続的に行なっています。

 

今回生まれたジャガーの赤ちゃん
別ウィンドウで開く

今回生まれたジャガー

今回生まれたジャガーの赤ちゃん
別ウィンドウで開く

今回生まれたジャガー

今回繁殖したジャガー

オス親:ジャガオ

生年月日:平成7(1995)年11月27日秋田市大森山動物園生まれ

入園年月日:平成14(2002)年3月15日来園(秋田市大森山動物園より借用)

メス親:ルース

生年月日:平成20(2008)年9月29日中国石家庄市動物園生まれ

入園年月日:平成23(2011)年3月24日来園(中国上海市動物園より来園)

 

ジャガー

ネコ目 ネコ科 学名:Panthera onca 英名:Jaguar

アメリカ大陸に住んでいるネコ科の動物の中で一番大きく体長は、約1m50cm、体重は約80kg。ヒョウに似ているが、体格が大きく模様が異なる。

ワシントン条約附属書(※)掲載種。

IUCNレッドリスト(IUCN Red List of Threatened Species):准絶滅危惧NT

IUCNレッドリストのカテゴリーについては下記参照

http://www.iucn.jp/species/redlistcategory.html

 

(※)国際取引に関する条約【ワシントン条約】

Adobe Acrobat Reader DCのダウンロード(無償)別ウィンドウで開く
PDFファイルを閲覧できない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Acrobat Reader DC をダウンロード(無償)してください。

探している情報が見つからない