ページの先頭です

報道発表資料 御堂筋でパークレットの社会実験を実施します

2017年11月9日

ページ番号:416118

問合せ先:建設局 道路部 道路課(06-6615-6780)

平成29年11月9日 15時30分発表

 大阪市では、御堂筋が完成後80周年を迎える年を契機として、市民とともに御堂筋を築きあげてきた歴史的意義を再認識するとともに、御堂筋の将来を考え、記念の年を祝うために御堂筋完成80周年記念事業を実施しております。

 この記念事業では、「世界最新モデルとなる、人中心のストリートへ」をテーマとして、5月11日の春のシンポジウムを皮切りに、夏のシンポジウム、ワークショップ等を通じて、御堂筋の将来ビジョンに関する検討を進めてきました。

 このたび、淀屋橋odona前においてパークレット(※)を設置し、にぎわいと憩い空間のあり方などを検証するための社会実験を実施します。

(※)パークレットとは

 道路空間を活用してウッドデッキやベンチを配置し、にぎわいや憩いの空間の創出をめざし設置する休憩施設。

1. 関係団体

  • 実施主体   御堂筋完成80周年記念事業推進委員会
  • 連携団体   一般社団法人御堂筋まちづくりネットワーク

2. 開催日時

平成29年11月20日(月曜日)から平成30年5月21日(月曜日)まで

3. 場所

淀屋橋odona前(大阪市中央区今橋4-1-1

4. 社会実験の概要

(1) にぎわいと憩い空間の創出方法の検証

 パークレットの休憩施設としての効果を確認するため、利用者などを対象としたアンケート調査を行い、満足度やニーズなどについて検証を行います。

(2) 交通影響・安全性の検証

 パークレットの設置による道路の通行機能への影響について調査を行い、歩行者、自転車、自動車がそれぞれ安全に通行できるか検証を行います。

(3) 広告掲出可能性の検証

 パークレットの維持管理費の財源を確保するために、広告による収入について検討する必要があります。そのため、パークレットにおける広告掲出のニーズについて広く意見を聞き、その可能性を検証します。

※詳しくはチラシ参照のこと。

5.パークレットの名称について

 このパークレットについては、暫定的に「(仮称)御堂筋パークレット」と呼びますが、新たに生まれた憩い空間を実際にご覧いただき、今後、このパークレットにぴったりな愛称を募集する予定をしておりますので、詳細が決まれば別途お知らせします。

6.お問合せ先

5590034 大阪市住之江区南港北2110 ATCビルITM6
御堂筋完成80周年記念事業推進委員会事務局(大阪市建設局道路部道路課)

電話番号:06-66156786(月曜日から金曜日の9時から1730分まで(祝日除く))

(仮称)御堂筋パークレット社会実験 チラシ

Adobe Acrobat Reader DCのダウンロード(無償)別ウィンドウで開く
PDFファイルを閲覧できない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Acrobat Reader DC をダウンロード(無償)してください。

探している情報が見つからない