ページの先頭です

報道発表資料 下水道科学館は平成30年4月より一時休館します

2017年12月1日

ページ番号:417923

問合せ先:建設局 下水道河川部 調整課(06-6615-7586)

平成29年12月1日 14時発表

 大阪市では、市民のみなさまに下水道を身近に感じてもらい、その大切さや役割を楽しく学んでいただくことを目的に、無料の体験型広報・学習施設・情報発信の拠点施設として平成7年4月に下水道科学館(大阪市此花区高見1丁目2番53号)を開館しました。 

 しかしながら、開館から22年経過し、施設や展示物は老朽化が進んでいることから、平成30年4月より安全面等を考慮して一時休館させていただきます。

 なお、今後については、方針が確定次第改めてお知らせしてまいります。

 休館中は大変ご迷惑おかけいたしますが、ご理解・ご協力のほどよろしくお願いします。

概要

所在地

休館期間

平成30年4月1日(日曜日)から当分の間

休館に関する問合せ先

大阪市建設局下水道河川部調整課

電話 06-6615-7586(平日午前9時から午後5時30分まで)

ファックス 06-6615-7690

マンホールカードについて

 マンホールカードの配布については、下水道科学館が休館中も配布予定ですが、平成30年4月からの配布場所については、現在検討中です。確定次第大阪市建設局のホームページ等へ掲載します。

その他

 大阪市では下水道科学館のほか、下水道の役割について市民の皆様に広くご理解いただくため、下水処理場の一般公開や舞洲スラッジセンター・太閤(背割)下水の見学をしていただくことができます。休館中は、そちらをご利用いただきますようお願いします。

探している情報が見つからない