ページの先頭です
メニューの終端です。

【報道発表資料】市営地下鉄御堂筋線30000系車両にプラズマクラスター※を試行的に搭載します ~快適な車内空間をめざして~

[2014年4月11日]

問合せ先:交通局 経営管理本部総務部広報担当(06-6585-6130)

平成26年4月11日 14時発表

    大阪市交通局は、平成26423日(水曜日)から新たに市営地下鉄御堂筋線に導入する30000系車両に、プラズマクラスターを試行的に搭載します。
    これまでプラズマクラスターは、新幹線や特急車両に搭載されてきましたが、通勤車両に初めてプラズマクラスターを搭載し、浮遊菌の低減などの効果の検証を行います。
    今後も、お客さまに安心して快適にご利用いただける車内環境づくりをめざして取り組んでまいります。

 

1 搭載車両

    御堂筋線30000系車両(3103編成 10両)のうち2両(10号車、6号車)
    なお、プラズマクラスター搭載車両にはステッカーを貼付け取組みをPRします。


2 導入開始日(予定)

    平成26年4月23日(水曜日)~

3 検証期間(予定)

    概ね3か月ごとにデータ採取を行い、1年間を目途にその効果の検証を行います。

4 検証する効果

    浮遊カビ菌の低減効果
    浮遊菌の低減効果
    静電気の除電効果    など

※  プラズマクラスターロゴおよびプラズマクラスター、Plasmaclusterは、シャープ株式会社の登録商標です。
 

【プラズマクラスター搭載車両の報道関係者向け公開のご案内】

1 日時 平成26417日(木曜日)
2 集合時間 午後115分(時間厳守でお願いします)
3 場所 中百舌鳥検車場(住所:堺市北区長曽根町130-7)
4 公開方法 プラズマクラスター搭載車両を検車場内で公開します。
    当日は、外観及び車内の公開に加えて、プラズマクラスター動作時におけるイオン濃度の変化についてもご覧いただく予定です。
    ※  検車場内は、車両への送電のための設備などがあり危険なため、撮影場所を限定させていただきます。
5 公開時間 午後130分~午後230
6 取材について
    ○受付場所 中百舌鳥検車場 2号門前(詳しくはこちら別ウィンドウで開く
    ○その他
    (1)危険な場所がありますので、職員の指示に従っていただきますようお願いします。
    (2)取材にあたっては必ず自社腕章、社員(記者)証、又は「市政記者カード」のいずれかの着用をお願いします。
    (3)足元の不安定な箇所があるため、サンダル等はご遠慮ください。
    (4)ヘルメットの着用にご協力ください。(ヘルメットは交通局でご用意いたします)
    (5)車内で脚立等を使用される場合は、脚先にカバーの取付けをお願いします。(カバーは各社でご用意願います)
    (6)駐車場はありませんのでご協力ください。
    (7)取材を希望される場合は、415日(火曜日)午後5時までに、大阪市交通局経営管理本部総務部総務課(広報)電話0665856132 までご連絡ください。

参考

Adobe Readerの入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

[ページの先頭へ戻る]