ページの先頭です

報道発表資料 ICT機器等を活用した授業を全小中学校で一斉にはじめます

2016年3月25日

ページ番号:348118

問合わせ先:教育員会事務局 教育センター 教育振興担当(06-6572-0667、06-6572-0822)

平成28年3月25日 14時発表

 大阪市では、平成28年4月より市立小中学校全校において、タブレット端末等のICT機器を活用した授業が一斉にスタートします。

 ICT機器の活用により、視覚的にもわかりやすい授業を行うとともに、子どもたちが自ら考えたことを発表したり、グループやクラスで話し合ったりする学習を充実させ、「自分で考え判断する力」、「自分の考えを豊かに伝える力」、「最新のICT機器を活用する力」の育成を図ります。

 また、希望する教員へのタブレット端末等の貸し出しや、コールセンターの開設、ICT機器操作の支援を行うICT支援員の配置、授業づくり指導員の学校への派遣、授業支援システムの全校への整備、教員研修の充実など、教員への支援体制も拡充します。

 今後は、教員のICT活用の指導力や機器の活用状況、学力等に関する調査によるICT機器を活用した教育の推進のための効果検証を行い、より充実した学校教育へのICTの活用事業に取り組んでいきます。

1 対象校

 大阪市立小・中学校  422校

2 ICT機器整備内容

  • タブレット端末(総整備台数:21,113台)※1

    【全小中学校(モデル校以外)】・・・1校につき基本40台※2

    【モデル校】

      小学校18校・中学校8校・・・小学3年生以上の各学年に基本40台※2

      小中一貫校3校・・・小学3年生以上一人1台

  ※1 教員貸し出し用端末(500台)を含みます。

  ※2  児童生徒数に応じて、整備台数の増減調整をしています。

 なお、タブレット端末については、平成26年度の入札中止をうけ、仕様書を再考のうえ業者決定をおこない、平成28年3月22日より各校に配置しました。

  

  • 液晶プロジェクタ又は大型ディスプレイ(総整備台数(予定):5,511台)

   普通学級・・・各1台《学校の希望に応じ、いずれかを整備》 ※平成2728年度の2年間で整備

   特別教室用(理科室等)・・・1校につき2台《液晶プロジェクタを整備》

 

  • 授業用ノートパソコン(総整備台数:7,042台)

   普通学級・・・各1台

   特別支援学級・・・各1台  

   特別教室用(理科室等)・・・1校につき1台


3 見込まれる教育効果等

  • タブレット端末を用いて、学習課題に対する自分の考えやグループの考えを整理し、大型ディスプレイに表示することで、クラス全体で情報を共有するとともに、プレゼンテーションや児童生徒間での活発な意見交換等をする学習が可能となります。
  • 最先端のICT環境の中で、児童・生徒が互いに教え合い学び合う協働的な学びや、思考力・判断力・表現力の育成につながる言語活動、児童・生徒一人一人の能力や特性に応じた指導等を充実させ、授業の質を向上し、自分で考え判断する力、自分の考えを豊かに伝える力、最新のICT機器を活用する力を備えた21世紀をたくましく生き抜く子どもの育成を図ります。

4 教員への支援体制

  • タブレット端末等の貸し出し(平成28年4月から)

  ICTを効果的に活用した授業づくりを推進する教員を育成するために、学校に整備する機器とは別に、希望する50名の教員に対して、10台ずつのタブレット端末等の機器を3年間貸し出しします。

  • コールセンターの開設(平成28年5月中旬から)

  ICT機器の操作、アプリケーションの利用、ネットワーク接続状況など教員からの問い合わせ窓口としてコールセンターを設置します。

  • ICT支援員(平成28年6月から)

  タブレット端末等ICT機器を活用した授業や機器操作、校内研修の支援を通して、教員がICT機器を授業の中で効果的に活用できるようにICT支援員を配置します。

  • 授業づくり指導員(平成28年4月から)

  各校の要請に応じて、教諭や校園長経験のある人材を授業づくり指導員として派遣し、ICT機器を活用した授業づくりを支援していきます。

  • 授業支援システムの整備(平成28年9月から)

  タブレット端末を使った授業の中で、児童生徒がどんな作業をしているかを確認するモニタリング機能、児童生徒にデジタル資料の送信や、回答を受信する機能などを有し、授業の準備・開始から終了までを円滑に運用できる授業支援システムを導入します。

  • 教員研修(平成28年4月から)

  教育センター等での研修に加えて、すべての小中学校で、自校のシステムを使って「わかる」「楽しい」授業の実現に向けた実践的な研修を行います。

探している情報が見つからない