ページの先頭です

報道発表資料 大阪市立小学校における学校徴収金の徴収誤りについて

2017年1月11日

ページ番号:386923

問い合わせ先 教育委員会事務局学校経営管理センター(06-6575-5285)

平成29年1月11日 18時50分発表

 大阪市立の小学校において徴収している学校徴収金の口座登録にあたって、1件の登録誤りがあり、その結果、2名計44件の徴収誤り(平成26~28年度分 過徴収22件、未徴収22件)があったことが判明しました。

 このような事案を生じさせたことにつきまして、深く反省し、再発防止に努めますとともに、関係者の皆様に多大なご迷惑をおかけし、市民の皆様の信頼を損ねることとなったことにつきまして、深くお詫び申し上げます。

1 概要と事実経過

 平成29年1月6日、小学校において卒業生の保護者から学校徴収金の口座振替にかかる問合せがあったため、徴収状況を確認したところ口座登録の誤りによる44件の徴収誤りがあることが判明しました。なお、このことをふまえて、同様の案件がないか調査したところ他に徴収誤りはありませんでした。

 

(1)平成26年4月に小学校へ転入してきた児童(a)の保護者は、学校徴収金の口座振替登録のため、小学校に口座振替依頼書を提出しました。小学校の担当者は、学校で記入することとなっている口座振替依頼書の台帳番号欄に、児童(a)の台帳番号を記入のうえ、学校経営管理センター学務担当(学校徴収金・授業料グループ)に提出し、登録された口座情報をもとに4月の口座振替が行われました。

 

(2)その後、同時期に小学校へ転入してきた児童(b)の保護者も、学校徴収金の口座振替登録のため、小学校に口座振替依頼書を提出しました。その際小学校の担当者は、口座振替依頼書の台帳番号欄に、誤って児童(a)の台帳番号を記入し、5月に学校経営管理センター学務担当(学校徴収金・授業料グループ)に提出しました。このため、既に同一の台帳番号で登録されていた児童(a)の口座情報に、児童(b)の口座情報が上書き登録されてしまい、児童(a)の5月の口座振替が児童(b)の口座から行われました。

 

(3)平成26年5月の口座振替時に児童(b)の口座登録ができていないことに気付いた小学校の担当者は、6月の口座振替に向け、改めて正しい台帳番号に修正した児童(b)の口座振替依頼書を学校経営管理センター学務担当(学校徴収金・授業料グループ)に提出し、児童(b)の口座登録を行いました。

 

(4)今回の事案では、児童(b)の口座情報の登録にあたって、既に児童(a)の口座情報を正しく登録していたにもかかわらず、児童(a)の口座情報に児童(b)の口座情報を上書き登録のうえ、さらに別に児童(b)の正しい口座情報を登録したため、児童(a)と児童(b)の学校徴収金は、ともに児童(b)の口座から振替えられることになりました。

 

(5)以上の口座登録誤りが原因で、計44件の徴収誤り(平成26~28年度分 過徴収22件、未徴収22件)が生じました。

 

※学校徴収金とは、児童等が、現行制度上私費で負担することをたてまえとする経費のうち、学校教育活動に直接必要なもの(図書教材費、修学旅行積立金等)として、また学校教育活動には直接必要ではないが、これに付随して必要なもの(児童等の健康管理経費等)として、学校長が児童の保護者等から徴収する経費を言います。

※台帳番号とは、校園ネットワーク業務システムにおいて、学校コードと合わせて児童を識別するための番号です。

2 徴収誤りの内容

(1)口座登録誤りによる児童(b)の保護者からの過徴収  計22件  95,619円 

   (内訳)平成26年度  7件  17,288円

            平成27年度  8件  34,800円

            平成28年度  7件  43,531円

 

(2)口座登録誤りによる児童(a)の保護者からの未徴収  計22件  95,619円 

   (内訳)平成26年度  7件  17,288円

          平成27年度  8件  34,800円

          平成28年度  7件  43,531円

 

※金額には徴収に伴う口座振替手数料は含みません。

3 今後の対応

 今回判明した学校徴収金の徴収誤りにつきましては、当該保護者に対してお詫びするとともに返金・徴収に関してご説明したところ、ご了承をいただき、過徴収分の返金手続き並びに未徴収分の納入手続きが完了しています。

4 再発防止について

 今回の事案は、口座情報が正しく登録されているかの確認が不十分であったことが主な原因であったことから、口座情報登録時における確認作業の履行について、さらなる周知徹底を図ってまいります。具体的には、今回の事案を踏まえた再発防止に関する学校への通知及び学校担当者への研修会を活用した適正な事務執行の再確認を行います。

 また、複数年にわたり誤りが発見できなかったことを踏まえ、口座情報登録時だけではなく、毎年度第1回目の口座振替の際には、全振替口座の再確認を行うなど、再発防止に向けた取り組みを進めてまいります。

 今回の事案を厳粛に受け止め、関係者及び市民の皆様の信頼を回復すべく、今後とも適正な業務の実施に取り組んでまいります。

探している情報が見つからない