ページの先頭です

報道発表資料 ピースおおさか「3.13大阪大空襲 平和祈念事業」等を開催します

2017年1月27日

ページ番号:386996

問合せ先:公益財団法人 大阪国際平和センター(06-6947-7208)

平成29年1月27日 14時発表

同時資料提供:大阪府政記者会

  ピースおおさか(大阪国際平和センター別ウィンドウで開く)では、平成29年3月12日(日曜日)に「3.13大阪大空襲平和祈念事業」などを開催します。

 大阪において、昭和20年3月13日の深夜から3月14日未明にかけて、第一次大阪大空襲がありました。本事業は、この3月13日にちなんで実施し、改めて平和について考える内容となっております。

 この「大阪大空襲平和祈念事業」に先立ち、第一次大阪大空襲により卒業式が中止され、卒業証書をもらえなかった方々に、卒業証書を授与する「幻の卒業式」を合わせて開催します。

 また、特別展、ウィークエンドシネマ、春休み親子まつりも開催いたします。

「幻の卒業式」

 昭和20年3月、卒業式に出席するため、国民学校6年生は疎開先から帰阪しましたが、第一次大阪大空襲によって卒業式は中止となりました。

 ピースおおさかでは、卒業証書をもらえなかった方々に館長名の卒業証書を授与する「卒業式」を平成22年度から開催しています。

 今年度も同日開催の「大阪大空襲平和祈念事業」に先立ち、下記の通り開催します。

1 日時:3月12日(日曜日)13時30分から

2 会場:ピースおおさか 講堂       

3 卒業生:6人(予定)

4 立会人:一般来館者(大阪大空襲平和祈念事業の参加者など)

取材要領
  • 当日取材に関しましては、前日までにピースおおさかまでお問い合わせください。
  • 参加者へのインタビューに関しては、長時間とならないよう、参加者への負担についてご配慮いただくようお願いします。
  • 式が滞りなく終了できるよう、進行へのご協力のほどよろしくお願いいたします。

ピースおおさか 大阪大空襲平和祈念事業 「『語り継ぎ部』育成のための講演会 「帰郷」そして「蒼海のホタル」へ 戦争の悲劇を伝える映像劇 徳島県鳴門市第一中学校生徒会の試み」

 終戦から71年が経過し、戦争を知る「語り部」から直接その体験を聞く機会はますます少なくなってきています。この先も戦争の記憶を伝え続けていくためには、若い世代にも語り継いでいかなければなりません。

 戦争の記憶を伝える続けるための取り組みとして、徳島県鳴門市第一中学校では反田卓教諭の立案により、平成26年に広島の原爆投下を中心テーマに捉えた映像劇「帰郷」、平成28年には特攻兵器「回天」搭乗員の実体験を伝える映像劇「蒼海のホタル」を中学校生徒会で制作しました。

 今回は、反田卓教諭をお招きし、上記2作品の上映とともに、制作するに至った経緯、劇に参加した中学生の戦争に対する受け止め方、そして映像劇に込められた平和への願いを語っていただきます。

1 日時:3月12日(日曜日) 14時から16時

2 会場:ピースおおさか 講堂

3 内容:

   ・ 講演 反田 卓さん(徳島県鳴門市第一中学校教諭)

   ・ 映像劇 「帰郷」(34分)、「蒼海のホタル」(43分)        

4 対象:どなたでも

5 定員:250人

6 参加費:無料(ただし、ピースおおさかの入館料が必要)

7 申込方法:電話にて受付(先着順)

取材要領
  • 当日取材に関しましては、前日までにピースおおさかまでお問い合わせください。
  • 映像劇は撮影いただけません。
  • 講演会の内容・映像・写真はインターネットでの配信を行わないでください。

特別展『絵で見る戦争体験 ~早野朝子さんの終戦・占領・引揚~』

 早野朝子さんは咸興(かんこう・現朝鮮民主主義人民共和国)で生まれ育ち、終戦も現地で迎えました。その後、ソ連軍進駐下ではソ連兵の恐怖に怯えながら過ごし、厳しい冬では寒さと飢えに耐えました。昭和21年春になって母と妹弟とともに咸興を去り、38度線を越え、日本へ引揚げました。

 本特別展では、早野さんが描いたその記録体験画や引揚に関連した実物資料を展示します。体験画から読み取れる咸興での暮らし、終戦後の苦労や引揚の過酷さを通して、戦争の悲惨さや平和の尊さを考える機会とします。

1 期間:1月24日(火曜日)から3月30日(木曜日)

2 会場:ピースおおさか 特別展示室

3 後援:大阪府、大阪市、大阪府教育委員会、大阪市教育委員会

ウィークエンド・シネマ 特集『大阪の戦争の記憶』

 戦後70年を機に、本市では戦争を知らない世代に戦争の悲惨さや命の大切さを伝えていくため、全庁的に取り組み、その一環として戦争体験者の貴重な生の声などが収集され、記録映像化されました。

 今回は、淀川区・東成区・旭区により制作された映像作品を上映します。

 

1 日時:3月の土曜日(4日、11日、18日、25日) 14時から

2 会場:ピースおおさか 講堂

3 内容:3月4日、11日【2本同時上映】

      『淀川区戦後70年事業 「次世代につなぐ戦争の記憶」命の物語 ~未来の

       君たちへ~』(29分)

      『大阪市東成区戦後70年記念事業 みて・きいて・つたえたい へいわ』(38分)

       3月18日、25日

      『今、君たちに伝えたい決して忘れてはならないこと ~体験者が語る戦争~』(74分)

4 定員:各日250人

5 参加費:無料(ただし、ピースおおさかの入館料が必要)

6 申込方法:不要(当日先着順)

春休み親子まつり

1 日時:3月28日(火曜日)、29日(水曜日)、30日(木曜日)、

      4月2日(日曜日)、4日(火曜日)、5日(水曜日) 各日 14時から

2 会場:ピースおおさか 講堂

3 内容:親子でみられる映画の特別上映

      ・3月28日(火曜日)、29日(水曜日)、30日(木曜日)

       野坂昭如戦争童話集『青いオウムと痩せた男の子の話』(25分)

      ・4月2日(日曜日)、4日(火曜日)、5日(水曜日)

       野坂昭如戦争童話集『干からびた象と象使いの話』(24分)

4 対象:どなたでも

5 定員:各日250人

6 参加費:無料(ただし、ピースおおさかの入館料が必要)

       ※「まいど子どもカード」を受付で提示すると18歳未満のお子様と同伴の方(2人まで)

       は無料で入館できます。

7 申込方法:不要(当日先着順)

 

ピースおおさかのご案内


連絡先

〒540-0002 大阪市中央区大阪城2番1号
電話:06-6947-7208   ファックス:06-6943-6080
http://www.peace-osaka.or.jp/別ウィンドウで開く

開館時間

9時30分~17時(入館は16時30分までです)

休館日

・月曜日
・国民の祝日の翌日(月曜日が祝日の場合、翌日の火曜日は開館)
・年末・年始
・館内整理日(毎月月末)

入館料

大人 250円  高校生 150円  中学生以下 無料
(注)65歳以上・障がい者は無料(証明する手帳等が必要となります)

アクセス

JR環状線 森ノ宮駅 北口から西へ約400メートル、地下鉄 森ノ宮駅 1番出口から西へ約200メートル

(注)駐車場はありません

ピースおおさか建物の写真

探している情報が見つからない