ページの先頭です

報道発表資料 「野鳥園臨港緑地干潟・湿地環境保全事業委託」の協働事業者を決定しました

2014年10月17日

ページ番号:284378

問合せ先:港湾局総務部監理調整担当集客施設グループ(06-6615-7753)

平成26年10月17日14時発表

大阪市は「野鳥園臨港緑地干潟・湿地環境保全事業委託」の協働事業者を募集していましたが(平成26年9月5日報道発表)、このたび協働事業者を決定しましたのでお知らせします。

 

1 協働事業者

大阪市住之江区南港中3丁目4番14-804号

NPO法人南港ウェットランドグループ

理事 高田 博

2 事業委託期間

契約締結日から平成31年3月31日まで

3 選定結果等

(1) 申請者数

1者

(2) 申請の経過

  • 実施要領の配布期間
    平成26年9月5日(金曜日)から平成26年10月6日(月曜日)まで
  • 申込み受付期間
    平成26年9月30日(火曜日)から平成26年10月6日(月曜日)まで

(3) 選定結果

選定委員会の意見をふまえ、協働事業者として当該事業者が適当であると判断した。

(4) 選定委員会の開催経過

第1回選定委員会 平成26年8月28日(木曜日)

第2回選定委員会 平成26年10月10日(金曜日)

(5) 選定委員会の開催結果

配点表
基準となる項目配分点A委員B委員C委員平均
干潟・湿地の保全202018165418.0
環境学習202014185217.3
サービスの向上・広報、啓発等201210123411.3
コーディネイト201612124013.3
実施体制10988258.3
費用内訳等10454134.3
10081677021872.7

(6) 選定委員会の意見

「野鳥園臨港緑地干潟・湿地環境保全事業委託」の協働事業者選定にあたっては、1者から応募があり、「野鳥園臨港緑地干潟・湿地環境保全事業委託」事業者選定委員会において、申請者から受けた企画提案について総合的に評価を行った。その結果、次の理由により、協働事業者として適当であるとの意見を得た。

  1. 野鳥への愛護、環境保全への熱意が感じられ、これまでの環境調査や環境学習などの実績について大きく評価できることから、干潟・湿地の環境保全に期待ができる。
  2. 市民や子どもたちへの環境学習への考え方などが評価でき、利用者目線に立った企画が期待できる。
  3. 野鳥園臨港緑地の環境保全に役立てるため、収益もふまえた事業企画について行政と連携した取り組みを期待する。

4 選定委員

辰巳 八重子  辰巳忠次公認会計士事務所(公認会計士)

宮下 実     近畿大学先端技術総合研究所
           生物工学技術研究センター長・教授(学識経験者)

山西 良平    大阪市立自然史博物館館長(学識経験者)

探している情報が見つからない