ページの先頭です

報道発表資料 「南海トラフ地震等に対する緊急防災対策促進大会」の開催、並びに、国への提言を行います

2016年6月9日

ページ番号:362169

問合せ先:港湾局 計画整備部 計画課 (06‐6615‐7771)

平成28年6月9日 14時発表

同時資料提供:大阪府政記者会、兵庫県政記者クラブ、神戸市政記者クラブ、愛知県政記者クラブ、愛知クラブ、浜松市政記者クラブ、名古屋市政記者クラブ、徳島県政記者室、香川県政記者クラブ、番町記者クラブ、高知県政記者クラブ、宮崎県政記者クラブ

大阪市は、甚大な被害が想定される南海トラフ地震等の大規模な地震・津波災害に対して、堤防の整備・補強など、緊急性の高い防災対策を促進するため、東海から九州までの関係自治体等と連携し、平成28年6月16日(木曜日)に「南海トラフ地震等に対する緊急防災対策促進大会」を開催し、国に対する提言を行います。

1.南海トラフ地震等に対する緊急防災対策促進大会について

(1)日時

平成28年6月16日(木曜日) 14時30分から15時10分まで

(2)会場

KKRホテル東京10階 「瑞宝」

(東京都千代田区大手町1-4-1)

(3)主催

南海トラフ地震等に対する緊急防災対策促進実行委員会(以下の団体で構成)

(東海)静岡県、愛知県、三重県、静岡市、浜松市、名古屋市、名古屋港管理組合、四日市港管理組合、愛知県商工会議所連合会、中部経済連合会、中部経済同友会

(近畿)大阪府、兵庫県、和歌山県、大阪市、神戸市、関西経済連合会、大阪商工会議所、神戸商工会議所、関西経済同友会

(四国)徳島県、香川県、愛媛県、高知県

(九州)宮崎県

※大阪市は田中副市長が出席予定

(4)出席者

各府県市域の選出国会議員、関係府県市議会議員、沿岸市町村、経済界 等

(5)内容

  1. 開会挨拶
  2. 主催者意見表明
  3. 地域の意見表明
  4. 大会決議

2.国への提言活動(上記大会で決議した内容について、国へ提言)

(1)日時

平成28年6月16日(木曜日) 大会終了後

(2)提言先

自民党、公明党、内閣府、総務省、財務省、農林水産省、国土交通省

(3)要望者

実行委員会構成団体の代表者(大阪市は田中副市長の予定)

なお、上記全ての予定は、急遽変更となる可能性があります。

一般の方の参加について

「促進大会」「提言活動」ともに関係者が対象であり、一般の方は参加できません。

取材要領

(1)取材全般について

  1. 取材を希望される場合は、下記の取材申込書に必要事項を記入の上、6月14日(火曜日)午前11時までに港湾局計画整備部計画課(06-6615-7789)へファックスでお申し込み下さい。
  2. 記者及びカメラマン(助手・連絡員を含む。)は、自社腕章、社員(記者)証、市政記者カード、または関西写真記者協会の「統一腕章」を必ず着用してください。
  3. カメラ取材は、原則として1系列・1社・1カメラ、また、ENGカメラの助手は、1名のみでお願いします。
  4. 音声分配器がないため、各社で対応いただきますようよろしくお願いします。

(2)「南海トラフ地震等に対する緊急防災対策促進大会」の取材について

  1. 当日は、13時30分から14時10分までにKKRホテル東京10階エレベーター前の受付スペースで受付を行ってください。(下記の報道受付位置図をご確認ください。)
  2. 取材は、下記の取材位置図(会場内配置図)の範囲内にてお願いします。また、取材位置については、係員の指示、誘導に従って取材してください。

(3)提言活動の取材について

  1. 取材方法は、各省庁での指示に従ってください。
  2. 各省庁への入館手続きについては、各省庁にご確認ください。
  3. 提言活動後に要望者の囲み取材を設ける予定です。

探している情報が見つからない