ページの先頭です

報道発表資料 新しい美術館の整備事業 ~建設工事への着手や館の正式名称の公募に取り組みます~

2018年2月15日

ページ番号:424480

問合せ先:経済戦略局文化部文化課(06-6469-5181)

 大阪市は、「大阪と世界の近現代美術」をテーマとした新しい美術館(以下、「(仮称)大阪新美術館」という。)について、2021年度中の開館に向け整備を進めています。(仮称)大阪新美術館は、歴史的にも文化的にも豊かな蓄積をもつ中之島を拠点として、大阪の文化の振興や都市魅力の向上に貢献します。
 (仮称)大阪新美術館の施設整備については、このたび基本設計を完了し、実施設計に移行したところであり、平成30年度には建設工事に着手します。また、館の正式名称を公募するとともに、休止していた美術作品の購入を再開します。
 さらに運営にあたっては、本市初となるコンセッション方式によるPFI手法の導入を検討しており、民間による創意工夫も最大限活用しながら、より魅力的な美術館となることをめざします。
【平成30年度予算額  5億9,100万円】

平成30年度の事業概要

1.2021年度中の開館に向け、建設工事に着手(全体施設整備費:約156億円)

  • 実施設計(継続)
  • 建設工事に着手

2.PFI手法による運営のためのアドバイザリー業務

  • 実施方針(案)の作成

3.コレクションの魅力向上(開館準備業務)

  • 館の正式名称の決定等(戦略的ブランディングの実施)
  • 美術作品の購入等(コレクションの充実)

参考資料

Adobe Acrobat Reader DCのダウンロード(無償)別ウィンドウで開く
PDFファイルを閲覧できない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Acrobat Reader DC をダウンロード(無償)してください。

探している情報が見つからない