ページの先頭です

報道発表資料 平成27年中の火災状況を取りまとめました

2016年3月28日

ページ番号:349134

問合せ先:消防局 企画部企画課(06-4393-6058)

平成28年3月28日14時発表

 大阪市消防局では、平成27年中に大阪市内で発生した火災状況(確定値)を取りまとめましたのでお知らせします。

 なお、速報値として公表していた平成28年1月18日発表の「平成27年大阪市消防活動概況」資料から、火災件数について変動はありませんが、焼損床面積等、若干の変動がありましたので、確定値として再度お知らせいたします。

 

火災の概況

 平成27年中の火災件数は870件で、前年と比較すると151件の減少、焼損床面積は4,802平方メートルで前年と比較すると7,873平方メートルの減少、損害額は4億27,083千円で前年と比較すると4億79,880千円の減少となりました。

 火災による死者(放火自殺者除く、以下同じ。)は24人で前年と比較すると6人減少し、負傷者は149人で25人減少しました。

 火災の原因別では、「放火」「たばこ」「ガスこんろ」の順で、平成24年以降変わっていません。

 なお、火災原因の第1位である「放火」は216件、第2位の「たばこ」は136件、第3位の「ガスこんろ」は88件となり、火災の上位3原因が火災全体に占める割合は50.5%(合計440件)となっています。

 「放火」による火災は216件発生し、前年と比較すると41件減少しておりますが火災全体の24.8%を占め、火災原因の第1位(昭和51年から40年連続)となっています。

平成27年 火災状況

Adobe Acrobat Reader DCのダウンロード(無償)別ウィンドウで開く
PDFファイルの閲覧には Adobe Acrobat Reader DC が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Acrobat Reader DC をダウンロード(無償)してください。

平成27年 原因別火災状況

Adobe Acrobat Reader DCのダウンロード(無償)別ウィンドウで開く
PDFファイルの閲覧には Adobe Acrobat Reader DC が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Acrobat Reader DC をダウンロード(無償)してください。

探している情報が見つからない