ページの先頭です

報道発表資料 沖縄県島尻郡与那原町と友好交流に係る確認書を締結します

2016年7月20日

ページ番号:368227

問合せ先:大正区役所総務課政策プロモーショングループ(06-4394-9684)

平成28年7月20日 14時発表

 大阪市大正区役所は、7月30日(土曜日)に、沖縄県島尻郡与那原町(おきなわけんしまじりぐんよなばるちょう、以下「与那原町」という。)と友好交流に係る確認書の締結を行います。

 この締結を行うことにより、与那原町と大正区の経済・観光・文化など幅広い分野での相互交流を図り、双方の発展に寄与してまいります。

友好交流確認書締結式の日時・場所

日時:平成28年7月30日(土曜日)午後3時から

※「第34回与那原大綱曳まつり別ウィンドウで開く」オープニングセレモニーにて実施します。

場所:沖縄県与那原町御殿山青少年広場(与那原町立図書館側特設ステージ)

出席者

与那原町 町長  古堅 國雄(ふるげん くにお)

与那原町議会 議長  識名 盛紀(しきな せいき)

大阪市大正区 区長  筋原 章博

式次第

開会

与那原町長あいさつ

大正区長あいさつ

友好交流確認書締結

閉会

確認書締結の背景

 大正区では、人口減少や高齢化、事業所の減少等の解決すべき喫急の課題に対し、当区が持つ魅力を結び合わせながら課題解決に向けた様々な取り組みを進めてまいりました。

 その中でも、地域活性化施策の大きな柱の一つとして、区民の4分の1が沖縄に縁を持つといわれている地域特性を活かした沖縄との地域連携施策を展開してきたところです。

 平成24年度には、沖縄本土復帰40周年・大正区政80周年記念事業として、与那原町で440年余りにわたり続いてきた伝統行事「大綱曳」を大正区に誘致しました。区民と舞踏などの文化交流を楽しむとともに、「綱・ちゅら・エイサー祭」では、約4万人以上の方にお越しいただき大きな成果をあげました。以降、与那原町の協力のもと、毎年区民まつりにおける「こども大綱曳き」をはじめ、在阪沖縄企業が区独自事業にブース出展を行うなど継続的に連携施策を行ってきました。

 さらに、関西の修学旅行生が沖縄県を訪ねるにあたり、学習効果を高めることを目的として大正区に根付く沖縄の文化や伝統についての事前研修を実施するなど、学校側からのニーズも出てきています。

 こうした経過を踏まえ、今後も与那原町と大正区の地域活性化につながる施策の相互協力体制を維持し、さらなる相互交流を深めるための方策等について話し合いを進め、このたびの締結に至りました。

取材の申込み

  • 取材を希望する方は、別添の取材申込書に必要事項をご記入のうえ、7月28日(木曜日)までにファックスにてお申込みください。
  • 取材受付は、午後2時30分から特設ステージ横の「受付」で実施いたします。
  • 取材にあたっては、必ず自社腕章等を見えやすいところに着用してください。腕章等の着用がない場合、取材いただけないことがありますのでご注意ください。
  • 取材時は、進行の妨げとならないよう、担当者の指示、誘導に従ってください。

「与那原町との友好交流に係る確認書の締結」取材申込書

Adobe Acrobat Reader DCのダウンロード(無償)別ウィンドウで開く
PDFファイルの閲覧には Adobe Acrobat Reader DC が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Acrobat Reader DC をダウンロード(無償)してください。

探している情報が見つからない