ページの先頭です

個人番号カード(マイナンバーカード)の申請受付中です

2016年8月22日

ページ番号:339672

個人番号カード(マイナンバーカード)について

  •  個人番号カード(マイナンバーカード)は、ICチップが搭載されたプラスチック製のカードとなっており、カードの券面の表面に顔写真のほか氏名、住所、生年月日、性別が記載され、裏面にマイナンバーが記載されます。
  • 個人番号カードは住民基本台帳カードなどと同様、顔写真のついたカードであり、マイナンバーの確認と本人確認を同時に1枚で行うことができます。 身分証明書としても使用できるほか、コンビニでの証明書交付やe-Taxなどの税の電子申告のために利用する電子証明書もICチップに搭載されます。申請すれば、個人番号カードは無料で交付されます。
  • ICチップには、券面に記載されている情報と電子証明書は記録されますが、所得の情報や病気の履歴などのプライバシー性の高い情報は記録されません。そのため、個人番号カード1枚からすべての個人情報が分かってしまうことはありません。

個人番号カード イメージ

表面(イメージ)


裏面(イメージ)


個人番号カードの申請について

  • 通知カードに同封されている「個人番号カード交付申請書」で個人番号カードの交付申請を行うことができます。なお、個人番号カードの取得は任意です。
  • 引っ越しをした場合等で、「個人番号カード交付申請書」に記載されている内容に変更がある場合は、通知カードに同封されていた「個人番号カード交付申請書」やその申請書に記載されているQRコード・申請書IDがご使用できません。今後、個人番号カードの交付を希望される場合は、新たに「個人番号カード交付申請書」を作成してお渡ししますので、お手数をおかけしますが、申請される前に、あらかじめ住所地の区役所にお問い合わせください。
  • 個人番号カードの申請方法など詳細の内容については、地方公共団体情報システム機構の「マイナンバーカード総合サイト」のホームページをご覧ください。地方公共団体情報システム機構「マイナンバーカード総合サイト」別ウィンドウで開く


★「個人番号カード交付申請書」にある「署名用電子証明書」と「利用者証明用電子証明書」について

  • 署名用電子証明書とは、電子文書に改ざん等がないことを証明するもので、従来から税の電子申告等に用いられています。
  • 利用者証明用電子証明書とは、個人番号カードの利用者が本人であることを証明するもので、コンビニエンスストアでの証明書交付などに利用します。


★通知カードに同封されている「個人番号カード交付申請書」のカナ氏名について

  • 通知カードに同封されている「個人番号カード交付申請書」に記載されている「カナ氏名」に誤りがあるケースがあります。
  • 個人番号カードに点字表記を希望される方は、正しい「カナ氏名」が記載された交付申請書をお渡ししますので、ご迷惑をおかけしますがお住まいの区役所までお申し出ください。
  • なお、個人番号カードに点字表記を希望されない方には影響がありませんので、個人番号カードを申請される場合は、同封されている交付申請書をそのまま使用してください。


個人番号カードの受け取りについて

  • 個人番号カードの交付準備が整った方から順次お送りする「個人番号カード交付・電子証明書発行通知書兼照会書」(以下、交付通知書)がご自宅に届きましたら、下記の「交付時に必要なもの」を持参のうえ、区役所までお越しください。本人確認を行い、個人番号カードへ暗証番号を設定いただいた後、個人番号カードを交付させていただきます。
  • なお、交付通知書が届いていない場合は、地方公共団体情報システム機構から区役所へ個人番号カードが届いていないことや区役所で交付準備が整っていないなどの理由から、まだ個人番号カードを交付することができませんので、交付通知書が届くまでしばらくお待ちください。

なお、交付通知書の発送については申請から概ね1ヶ月後となります。

交付窓口

住所地の区役所 窓口サービス課

※ 本人確認が必要となるため郵送による交付はできません。区役所窓口に来庁していただく必要があります。

各区役所の所在地については、大阪市ホームページ「戸籍・住民票・印鑑登録に関する問合せ窓口」をご覧ください。

交付時間

平日(祝日を除く) 午前9時から午後5時30分

区役所によっては上記以外で交付を行っている場合もあります。詳細は各区役所にお問い合わせください。

交付時に必要なもの

交付時に回収するもの(紛失された場合は、各区役所にお問い合わせください。)

  • 交付通知書
  • 通知カード
  • 住民基本台帳カード(所有者のみ)

その他ご準備いただくもの

  • 印鑑(自署の場合は不要)
  • 本人であることを確認できる書類
      ※ 本人確認書類によっては複数の提示が必要です
      ※ 本人確認書類は複写させていただきます

【本人確認書類】

住民基本台帳カード(顔写真あり)、運転免許証、運転経歴証明書(交付年月日が平成24年4月1日以降のものに限る。)、パスポート、身体障害者手帳、精神障害者保健福祉手帳、療育手帳、在留カード、特別永住者証明書、一時庇護許可書、仮滞在許可証

(複数の本人確認書類の提示が必要となるもの)

各種健康保険の被保険者証、年金手帳、各種年金証書、生活保護受給者証、敬老優待乗車証、海技免状、電気工事士免状、無線従事者免許証、動力車操縦者運転免許証、運航管理者技能検定合格証明書、猟銃・空気銃所持許可証、特種電気工事資格者認定証、認定電気工事従事者認定証、耐空検査員の証、航空従事者技能証明書、宅地建物取引士証、船員手帳、戦傷病者手帳、教習資格認定証、検定合格証、住民基本台帳カード(顔写真なし)、官公署がその職員に対して発行した身分証明書など 

暗証番号

交付時にそれぞれ暗証番号の登録が必要です。

  • 署名用電子証明書用(英数字6文字以上16文字以下。英字は大文字AからZまで、数字は0~9まででいずれも1つ以上必要です。)
  • 利用者証明用電子証明書用(数字4桁)
  • 住民基本台帳事務用(数字4桁)
  • 券面事項入力補助用(数字4桁)

数字4桁については同じものとすることができます。

代理人による受け取りについて

個人番号カードの交付については、原則、個人番号カードの申請者ご本人に来庁いただき、個人番号カードの券面に表示された顔写真と申請者ご本人が一致するかどうか確認を行ったうえで交付することとなります。

ただし、申請者ご本人が病気、身体の障がいなどの理由により、区役所に来庁いただくことが難しい場合に限り、代理人に個人番号カードの受け取りを委任することができます。

なお、仕事や学業が多忙なためご本人が来庁できないといった理由は、認められておりません。

代理人受け取りの場合には、申請者ご本人が来庁できないことを証明する書類(診断書、障害者手帳、施設に入所している証明書)、代理人自身の本人確認書類、個人番号カードの申請者ご本人の顔写真付きの本人確認書類などが必要となりますので、事前に各区役所にご相談ください


当日交付できない場合があります

窓口での登録作業などの際に、通信エラーが発生すると個人番号カードのICチップが破損するなどのトラブルが生じることがあり、当日中には交付ができない場合があります。

窓口へ受け取りに来られる来庁者の方が集中して、待ち時間が長時間になることにより当日中に交付ができない場合があります。

上記のように、やむを得ず当日の交付ができなくなった場合については、後日交付ができる状態になり次第、連絡を行い交付させていただくこととしています。あらかじめご了解いただきますようお願いします。

マイナンバーカード(個人番号カード)の交付の流れイメージ図



★マイナンバー制度の全般的な内容については、大阪市ホームページ「マイナンバー制度(社会保障・税番号制度)を紹介します」をご覧ください。


★各区役所へのお問い合わせについては、大阪市ホームページ「戸籍・住民票・印鑑登録に関する問合せ窓口」をご覧ください。


SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする

探している情報が見つからない

このページの作成者・問合せ先

大阪市 ICT戦略室 企画担当行政オンライン推進グループ

住所:〒530-8201 大阪市北区中之島1丁目3番20号(大阪市役所地下2階)

電話:06-6208-8860

ファックス:050-3737-2976

メール送信フォーム