ページの先頭です
メニューの終端です。

セアカゴケグモに気をつけましょう!

2017年6月19日

ページ番号:287572

 セアカゴケグモは、主に熱帯地域に生息する毒グモであり、近年は大阪市域でも広く生息が確認されています。このクモのメスの体色は黒色で、背中に赤い斑紋があるのが特徴です。オスの体色は、褐色で腹部背面に白い斑紋があります。卵のうは乳白色又は黄褐色で、形は球形です。

 セアカゴケグモは日当たりがよいところを好み、排水溝の側面、溝蓋(グレーチング)の裏、花壇などのブロックの隙間等から発見されますが、庭に置かれた履物の中からも発見されることがあります。屋外での作業は軍手を使用し、植木鉢を持ち運ぶ時や庭先に置いた履き物を履く時は、クモがいないことを確認しましょう。

 もともと攻撃性はありませんが、もし、見つけたら、絶対に素手で触れず市販の殺虫剤や丸めた新聞紙などで叩き潰すなどして駆除しましょう。卵のうがある場合は、ライター等を使用し燃やしてしまうのが効果的です。咬まれた場合は、傷口を水で洗うなど清潔にし、医療機関で診察を受けましょう。なお、咬んだクモの死骸があるときは治療の参考となるので、持って行きましょう。

もっと詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

 

セアカゴケグモ 

セアカゴケグモ メス

卵のう メス成虫

卵のうとメス成虫

探している情報が見つからない

このページの作成者・問合せ先

生野区役所 保健福祉課 健康増進グループ
電話: 06-6715-9973 ファックス: 06-6712-0652
住所: 〒544-8501 大阪市生野区勝山南3丁目1番19号(生野区役所2階)

メール送信フォーム