ページの先頭です
メニューの終端です。
スマートフォン表示用の情報の終端です。

平成29年度 城東区運営方針

2017年4月14日

ページ番号:380296

平成29年度 城東区運営方針

【区の目標(何をめざすのか)】

 城東区に住んでよかったと思えるまち ~人が輝き活気にあふれ、まちに愛着があること~

  • 老若男女、障がい者、外国人など、すべての人が気持よく住めるまち
  • 近所づきあい、つながり、きずながあるまち
  • 生きがいを持って暮らし、ふるさと城東区をほこりと思えるまち
  • すべての人が、安全で安心して暮らせるまち

【区の使命(どのような役割を担うのか)】

 区民とともに、人と人との絆を大切にし、城東区に住んでよかったと思えるまちづくり

  1. 地域の住民同士が力を合わせ、豊かなコミュニティを築いていること
  2. 健康で、子育てしやすく、支援を必要とする人を地域で支えるまちであること
  3. 災害に強く、犯罪の少ないまちであること
  4. 区役所が信頼できるところであること

【平成29年度 区運営の基本的な考え方(区長の方針)】

 城東区は、人口密度が大阪市で最も高く、多くの方に「住みやすい」と評価いただくなど、「住のまち」として発展しており、引き続き、豊かなコミュニティを築き、まちへの愛着や誇りを感じる、「住んでよかったと思えるまちづくり」をめざして取り組みます。
 地域においては、各地域活動協議会を中心とした小学校各校下のコミュニティづくりを重点的に支援するとともに、住民同士の「つながり」や「きずな」の醸成のため、様々な活動主体が互いに連携した、「タテ・ヨコ・ナナメでつながるまちづくり」に取り組みます。
 地域福祉や子育て支援の取組としては、子育てに関する情報発信の強化や、保育事業の充実を図るとともに、基礎学力の向上・学習習慣の形成、不登校の子どもの居場所づくりにより、豊かな心、確かな学力を育みます。
 防災、防犯の分野では、地域での防災訓練の充実や、防犯カメラの設置など、地域防災力、及び、地域防犯力の向上に取り組みます。
 また、区政運営においては、職員のコンプライアンスの意識の向上と窓口環境の改善等に取り組みます。

1 重点的に取り組む主な経営課題

経営課題1 多くの区民が、近所づきあい、つながり、きずながあり、 ふるさと城東区を誇りに思う まちづくり

さまざまな活動主体が互いに連携して活動し、コミュニティが豊かなまちづくりを推進する。

【主な戦略】

【1-1】タテ・ヨコ・ナナメでつながるまちづくり
 各地域活動協議会について、その活動が地域課題の解決やコミュニティづくりに寄与するよう支援するとともに、音楽、スポーツ、緑化活動などを通じ、住民の自主的活動が活性化するように支援する。

【主な具体的取組(29年度予算額)】

【1‐1‐1】地域活動協議会の情報発信などの支援(予算額58,185千円)
 区役所及び中間支援組織による地域活動協議会に対する活動支援等を行う。

経営課題2 だれもが健康でいきいきと暮らし、支えあうまちづくり

障がいのある方、高齢者や子どもを地域のみんなが互いに見守り、支えあいながら、保育所、幼稚園などが充実し、安心して働くことができるまちづくりを推進する。

【主な戦略】

【2‐1】子育て世帯が安心して、生み育て、働くことができるまちへ
 子育て情報の発信の強化や保育所整備に向けた取組を実施する。

【2-4】子どもたちの豊かな心、確かな学力を育むまちづくり
 学習習慣を身につけることができる学習会の実施方法を確立する。

【主な具体的取組(29年度予算額)】

【2-1-1】子育て支援事業の推進(予算額5,600千円)
 絵本展等のイベントや「絵本カフェ」の開催、子育て支援情報誌の発行など情報発信に取り組む。

【2-4-1】学習会等のモデル実施(予算額7,092千円)
 小・中学生を対象とした学習会の開催や、区内中学校の不登校生徒を対象とした「居場所づくり事業」を実施する。

経営課題3 地域で支えあう安全で安心なまちづくり

災害に対する備えを充実するとともに、住民同士が助け合う体制の整備を進め、区民が安全で安心に暮らせるまちづくりを推進する。

【主な戦略】

【3-1】防災に対する住民意識の向上と、自助・共助を基本とする地域防災力の向上
 区防災拠点を活用した防災訓練や、地域で開催される各種訓練等を充実するとともに、住民の防災意識の向上を図る。

【3-2】犯罪の少ない安全・安心なまちづくり
 地域コミュニティの防犯力の向上と、犯罪抑止の取組を進める。

【主な具体的取組(29年度予算額)】

【3-1-1】防災意識の向上(予算額12,850千円)
 地域での防災訓練の充実と、世代や居住形態に合わせた出前講座の開催を通じ、幅広い層に対して防災意識の向上を図る。

【3-2-2】犯罪抑止力の向上(予算額3,396千円)
 地域と調整しながら防犯カメラ設置の取組を進める。

経営課題4 区民の皆さんに信頼される区役所づくり

区民が利用しやすい便利で親切な区役所づくりを進めるとともに、地域実情に応じた区政運営が行われる仕組みづくりを推進する。

【主な戦略】

【4-1】コンプライアンスの確保
 自律的な取組を促進し、風通しのよい、職場づくりに取り組む。

【4-2】窓口サービスの向上
 来庁者の方に快適で満足していただける窓口サービスを提供する。

【主な具体的取組(29年度予算額)】

【4-1-1】職員のコンプライアンス意識の向上(予算額 - 千円)
 区服務規律確保推進委員会による定期的な情報共有や注意喚起などにより職員一人ひとりの意識向上等に取り組む。

【4-2-1】窓口環境の改善(予算額 - 千円)
 タブレット型端末機を使用した遠隔手話等サービスや、待ち時間の短縮、明確化等の対策を行う。

2 「市政改⾰プラン2.0」に基づく取組等

【主な取組項目】

 コンプライアンスの確保

【取組内容】

  • 城東区服務規律確保推進委員会による定期的な情報の共有、注意喚起
  • 重要管理ポイントの遵守を徹底 等

平成29年度 城東区運営方針 【城東区様式】

城東区では、区運営方針の内容が広く区民の皆さんに届くよう、城東区独自の様式を作成しました。

大阪市統一様式の様式1から様式3までの内容をわかりやすく掲載しています。

平成29年度 城東区運営方針【城東区様式】

Adobe Acrobat Reader DCのダウンロード(無償)別ウィンドウで開く
PDFファイルを閲覧できない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Acrobat Reader DC をダウンロード(無償)してください。

平成29年度城東区運営⽅針 【大阪市統一様式】

平成29年度 城東区運営方針  【大阪市統一様式】

Adobe Acrobat Reader DCのダウンロード(無償)別ウィンドウで開く
PDFファイルを閲覧できない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Acrobat Reader DC をダウンロード(無償)してください。

平成29年度 城東区運営方針  【大阪市統一様式】

  • 様式4 外部評価意⾒への対応⽅針(PDF形式, 315.14KB)

    外部評価は、運営方針策定や予算編成の過程において、外部有識者から意見をいただき実施しています。 区役所においては区政会議を実施しており、委員の皆さんよりいただいた意見内容と、その対応状況をとりまとめたものを記載しています。

Adobe Acrobat Reader DCのダウンロード(無償)別ウィンドウで開く
PDFファイルを閲覧できない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Acrobat Reader DC をダウンロード(無償)してください。

策定経過

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る
  • Google+で共有する

探している情報が見つからない

このページに対してご意見をお聞かせください

入力欄を開く

ご注意

  1. ご質問等については、直接担当部署へお問い合わせください。
  2. 市政全般に関わるご意見・ご要望、ご提案などについては、市民の声別ウィンドウで開くへお寄せください。
  3. 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。

このページの作成者・問合せ先

大阪市城東区役所 総務課総合企画グループ

〒536-8510 大阪市城東区中央3丁目5番45号(城東区役所3階)

電話:06-6930-9683

ファックス:06-6932-0979

メール送信フォーム