ページの先頭です
メニューの終端です。
スマートフォン表示用の情報の終端です。

悪質な住宅改修事業者にご注意ください!

2017年3月1日

ページ番号:390204

介護保険を利用して、自立や介護をしやすい生活環境を整えるため、手すりの取り付けや段差解消などの小規模な住宅改修をすることができます。要介護認定や要支援認定を受けている方がお住いの住宅で、利用限度額は原則20万円、その1割または2割が自己負担になり、改修工事前に介護保険担当へ申請していただく必要があります。

ご注意ください! 住宅改修のトラブルが急増しています。

今、悪質な住宅改修業者が区内を営業して回っています。何度も訪問し、「介護保険で手すりをつけませんか」・「浴槽を交換しませんか」などと営業に来て、個人情報を伝えてしまうと、介護認定がなく、住宅改修をするつもりがない方でも、一方的に介護認定の申請手続きを進められてしまいます。1~2か月後に介護認定がおりると、すぐさま介護保険の申請手続きを代行して行い、工事を進めてしまいます。何度も何度も、「介護の認定の申請だけでもどうですか」と訪問に来たり、ケアマネさんに相談すると言うと、「ケアマネには黙っとくように」と言われたりもします。

介護保険の住宅改修の利用限度額は20万円ですので、事業者に言われるままに不必要な工事を一度してしまうと、将来本当に手すりなどが必要になった時に、介護保険で工事ができない場合もあります。

大阪市や区役所から要介護(要支援)認定申請や住宅改修の勧奨のために訪問することはありません!

工事が必要でない場合は、

「要介護認定申請をする意思がない」・「工事を行う意思がない」、とハッキリと断り、簡単に介護保険証を見せたり渡したりして個人情報を伝えないように、注意してください。

要介護認定申請をすると、

まず、大阪市認定事務センターから「介護保険資格者証」が送られてきます。そして訪問調査の日程調整の連絡が入ります。手続きをした心当たりがない場合や、手続きをするつもりがない場合は区の介護保険担当にすぐご相談ください。

相談窓口

住宅改修等介護保険制度に関する相談など

城東区役所保健福祉課(介護保険)

電話:06-6930-9859

介護認定申請手続きに関する相談など

大阪市認定事務センター

電話:06-4392-1700

悪質業者についての苦情、クーリングオフの相談など

大阪市消費者センター

電話:06-6614-0999

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする

似たページを探す

探している情報が見つからない

このページの作成者・問合せ先

大阪市城東区役所 保健福祉課(保健福祉センター)介護保険グループ

〒536-8510 大阪市城東区中央3丁目5番45号(城東区役所1階)

電話:06-6930-9859

ファックス:06-6932-1295

メール送信フォーム

このページへの別ルート

表示