ページの先頭です
メニューの終端です。
スマートフォン表示用の情報の終端です。

城東区役所市民協働課(市民活動支援担当)における青少年指導員・青少年福祉委員委嘱状等印刷に係る事務処理誤りについて

2018年7月31日

ページ番号:442918

 大阪市城東区役所市民協働課(市民活動支援担当)において、平成29年度に契約した青少年指導員・青少年福祉委員委嘱状等印刷にかかる区役所用市長印の印影印刷について、仕様書と異なる内容にもかかわらず、納品物の検品を完了し、青少年指導員及び青少年福祉委員に対し、その納品物である「委嘱状」、「青少年指導員証」及び「青少年福祉委員証」を本来必要な審査を経ることなくそれぞれに交付するという事務処理誤りが判明しました。

 このような事態が発生し、事業者および市民の皆様の信頼を大きく損なうことになったことにつきまして、深くおわび申しあげますとともに、職員一丸となって適正な事務の執行を徹底し、今後このようなことがないよう再発防止に努めてまいります。

1 経過と概要

 平成30年7月23日(月曜日)、今年度に委嘱を行った青少年指導員の変更に伴う委嘱の決裁事務を行うなかで、城東区役所総務課職員が、委嘱状と青少年指導員証の印影の寸法が異なることに気づきました。

 城東区役所市民協働課(以下「市民協働課」という。)で調査したところ、その委嘱状と青少年指導員証は、平成30年3月20日に契約し、3月30日に納品された、青少年指導員・青少年福祉委員委嘱状等印刷業務における区役所用市長印の印影印刷を行ったものであることが判明しました。納品物には、印刷事業者において印影寸法を縮小して印刷していましたが、市民協働課の担当職員がそれに気づかずに検品を完了していました。

 また、その納品物を使用して、平成30年5月に、青少年指導員(172名)及び青少年福祉委員(169名)に対し、委嘱状、青少年指導員証及び青少年福祉委員証をそれぞれ交付していました。

 

  • 青少年指導員・青少年福祉委員委嘱状等印刷契約金額・納品部数
    46,332円
    委嘱状500部・青少年指導員証300部・青少年福祉委員証300部
  • 誤って交付した委嘱状・青少年指導員証・青少年福祉委員証の部数
    委嘱状 341部・青少年指導員証 172部・青少年福祉委員証 169部

2 発生原因

 平成30年3月に契約した青少年指導員・青少年福祉委員委嘱状等印刷業務において、仕様としてA4サイズの紙に押印した区役所用市長印の原本(3センチメートルの角印)を渡し発注しましたが、印刷事業者がA5サイズの委嘱状と、名刺サイズの青少年指導員証・青少年福祉委員証に印影をレイアウトする際に、印影寸法を縮小して原版を作成しました。

 それを校正時に市民協働課の担当職員が文字入れや余白のバランスなどのみを確認し、印影の寸法まで確認しないまま、納品を受け、検品を完了しました。

 さらに、当該職員が、城東区役所総務課長に印影の貸出しと印影印刷の許可を得て印影印刷手続きを行ったことを、公印審査を終えたものと誤った理解をし、平成30年5月に委嘱状等を交付する際、本来すべきであった公印審査を受けることなく委嘱状等を作成し、交付しました。

 なお、印刷事業者に経過の聴取を行うなど、発生原因の分析を行ってきましたが、すでに納品物の検品を終えていることから、事業者の責任を問わないこととしました。

3 今後の対応

 平成30年7月23日(月曜日)の判明以降、各地域の青少年指導員、青少年福祉委員などの関係者や関係局への報告を行い、今後8月9日(木曜日)、青少年指導員役員会および青少年福祉委員理事会において青少年指導員及び青少年福祉委員に状況を報告し、委嘱状・青少年指導員証・青少年福祉委員証の差し替えの手続きを進めることで了承をいただいています。

4 再発防止について

 城東区役所において、職員一人ひとりに対し、公印事務について適切に取り扱うよう、あらためて周知徹底を行い、また契約事務においては、校正作業や納品時の検品の方法について手順を見直すとともに、その実施確認を徹底し、再発防止と市民の皆様からの信頼回復に全力をあげてまいります。

探している情報が見つからない

このページの作成者・問合せ先

大阪市城東区役所市民協働課市民活動支援グループ
住所: 〒536-8510 大阪市城東区中央3丁目5番45号(城東区役所3階)
電話: 06-6930-9774 ファックス: 06-6931-9999