ページの先頭です
メニューの終端です。
スマートフォン表示用の情報の終端です。

12月から2月はねずみ防除強調期間です!

2018年12月1日

ページ番号:453315

大阪市では、12月から2月を「ねずみ防除強調期間」として、市内一斉のねずみ防除を推進しています。ねずみは、感染症や食中毒を媒介したり、建物の配線等をかじったりして、生活に影響を及ぼすこともあります。ねずみが生息できない環境づくりに努め、ねずみによる被害を防ぎましょう。

ねずみによる被害の一例

・直接、人を咬んだりする

・食品や家具、電気コード等をかじる

・感染症や食中毒を媒介する

・寄生しているノミに咬まれたり、ダニに刺されたりする

ねずみ防除のために

侵入口を塞ぎましょう

ねずみは、頭さえ通る大きさの穴があれば通り抜けることができます。家屋の点検を行い、すき間や穴があれば、金属たわしや網目1センチ以下の金網などで塞いでおきましょう。

餌になるものを与えない

食品は出しっぱなしにせず、密閉容器や戸棚の中に保管しましょう。ペットの食べ残しや仏壇等のお供え物にも注意しましょう。

寝床を作らせない

ねずみは物陰を住みかにします。放置した紙、衣類などは巣の材料となってしまう場合があるので、定期的に室内の整理整頓をしましょう。

ねずみ駆除方法

ねずみは決まった通路を通る習性があります。いつも通る場所は、ねずみの体の汚れがこすれてついて、黒く汚れていますので、その部分に粘着シートや捕そかご等の仕掛けを設置し、捕まえます。

粘着シートを設置する際には、設置枚数が少ないと跳び越えてしまうことがありますので、ねずみが出入りするすき間や通り道に敷き詰めるように、多めに並べて設置しましょう。

捕そかごは、生活環境グループ(区役所2階23番窓口)で貸出しを行っています。

ねずみ啓発用リーフレット

Adobe Acrobat Reader DCのダウンロード(無償)別ウィンドウで開く
PDFファイルを閲覧できない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Acrobat Reader DC をダウンロード(無償)してください。

探している情報が見つからない

このページに対してご意見をお聞かせください

入力欄を開く

ご注意

  1. ご質問等については、直接担当部署へお問い合わせください。
  2. 市政全般に関わるご意見・ご要望、ご提案などについては、市民の声別ウィンドウで開くへお寄せください。
  3. 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。

このページの作成者・問合せ先

大阪市城東区役所 保健福祉課(保健福祉センター)生活環境グループ

〒536-8510 大阪市城東区中央3丁目5番45号(城東区役所2階)

電話:06-6930-9973

ファックス:06-6930-9936

メール送信フォーム