ページの先頭です

LEDデスクライト導入により電気使用量を約43%削減しました

2013年3月27日

ページ番号:191607

 大阪市では、電力需給対策として天井照明の間引きを消灯を実施しています。更なる取組として平成24年8月31日から環境局事務室において、各職員の机上にLEDデスクライトを導入し、天井照明の間引き台数を増やしました。その結果、平成23年度比で電気使用量を約43%削減することができ、夏期の節電期間後も対策を継続しています。

 また、今冬の需給対策として、関西広域連合の節電の呼び掛け(平成22年度冬比6%目安の節電)を踏まえ、本市事務事業の各分野における節電対策に率先して取り組んでいます。

 市民・事業者の皆様におかれましては、定着した節電の着実な実行とともに、本市の節電対策へのご理解・ご協力をお願いいたします。

LEDデスクライト設置の様子(環境局事務室内)


導入目的

 電力需給対策として、オフィスの照明に係る消費電力を削減するとともに、経費削減に繋げます。

参考

オフィスビルの電力消費の内訳


実施場所

 環境局庁舎(大阪市阿倍野区阿倍野筋1-5-1 あべのルシアス13階)

節電効果

 LEDデスクライトを導入することにより、天井照明を60%程度間引くことができました。その結果、昨年比で電気使用量(空調系統を除く)は約43%削減し、年間で金額換算すると概算で約86万円の削減効果が見込まれます。(平成24年11月26日~12月2日の電気使用量を基に試算)

 一人一人の職員が節電を意識することで、不要な電気をこまめに消すことに繋がり、大きな節電効果を得られています。

 またLED寿命は約40,000時間Hf蛍光灯ランプの寿命約12,000時間に比べ約3倍以上あり、ランプ交換に伴う廃棄物も少なくなります。

  • 削減された電気使用量には天井照明とOAコンセントの電気使用量も含みます。
  • 照度基準については、労働安全衛生法上の下限値(300ルクス)を基本に適正な照明となるように調整しています。

今後について

 今後もこの節電対策を継続し、他部署にもLEDデスクライト導入を働き掛け、省エネルギーと経費削減に取り組んでいきます。

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする

探している情報が見つからない

このページに対してご意見をお聞かせください

入力欄を開く

ご注意

  1. ご質問等については、直接担当部署へお問い合わせください。
  2. 市政全般に関わるご意見・ご要望、ご提案などについては、市民の声別ウィンドウで開くへお寄せください。
  3. 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。

このページの作成者・問合せ先

環境局 環境施策部 環境施策課 エネルギー政策グループ(エネルギー政策室)
電話: 06-6630-3483 ファックス: 06-6630-3580
住所: 〒545-8550 大阪市阿倍野区阿倍野筋1丁目5番1号(あべのルシアス13階)