ページの先頭です

大阪市・大阪府・池田泉州銀行 連携協定施策 環境・エネルギーセミナー『これからの創エネ・省エネを考える』を開催しました

2014年1月13日

ページ番号:294257

 平成27年1月29日(木曜日)に『これからの創エネ・省エネを考える』と題したセミナーを開催しました。本セミナーは平成26年1月23日付けで大阪市・大阪府・池田泉州銀行で締結した「環境・エネルギー分野における連携協定」に基づき開催したもので、当日は太陽光発電に関連した事業者様から自治体様まで約110名が参加されました。

 近畿経済産業局より事業戦略を立案する上で有効な情報となる『再生可能エネルギー「固定価格買取制度」の運用見直し』と『資源・エネルギー関連の来年度予算』をご案内いただき、大阪府市からは『おおさかエネルギー地産地消推進プラン』の紹介しました。

 その後、特定非営利活動法人 地中熱利用促進協会(株式会社森川鑿(さく)泉(せん)工業所)、オムロンフィールドエンジニアリング株式会社、さらに最近メディアでも注目されている「水素エネルギー」について岩谷産業株式会社よりご案内いただき、最後に大阪府より生物多様性保全についてのCSRをご紹介いただき、内容盛り沢山のセミナーとなりました。

 また、同時開催として設置したバイオマス発電等の創エネ・省エネに関連した企業の展示ブースや相談ブースには多くの方が訪れ、創エネ・省エネへの関心の高さをうかがわせるイベントとなりました。

大阪府市から「おおさかエネルギー地産地消推進プラン」の説明

大阪府市の「おおさかエネルギー地産地消推進プラン」の説明の様子

特定非営利活動法人 地中熱利用促進協会からの講演

特定非営利活動法人 地中熱利用促進協会の講演の様子

オムロンフィールドエンジニアリング株式会社からの講演

オムロンフィールドエンジニアリング株式会社の講演の様子

展示ブース

セミナー別室展示ブースの様子

1 開催日時

平成27年1月29日(木曜日)13時~16時

2 開催場所

池田泉州銀行梅田ビル 12階ホール(大阪市北区茶屋町18番14号

3 内容

【第1部】

1.再生可能エネルギーの最大限導入に向けた固定価格買取制度の運用見直し等について(近畿経済産業局)

2.来年度の資源・エネルギー関連予算について(近畿経済産業局)

3.おおさかエネルギー地産地消推進プランの紹介(大阪府)

【第2部】

4.これからの創エネや省エネについて

  • 地中熱利用について(特定非営利活動法人 地中熱利用促進協会)
  • 電気料金値上げ対抗策と今出来るBCPのご紹介(オムロンフィールドエンジニアリング株式会社)
  • 水素社会の到来(岩谷産業株式会社)

5.大阪市・大阪府・池田泉州銀行からの各種ご紹介

4 主催・後援

【主催】

大阪市、大阪府、株式会社池田泉州銀行

【後援】

近畿経済産業局

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする

探している情報が見つからない

このページに対してご意見をお聞かせください

入力欄を開く

ご注意

  1. ご質問等については、直接担当部署へお問い合わせください。
  2. 市政全般に関わるご意見・ご要望、ご提案などについては、市民の声別ウィンドウで開くへお寄せください。
  3. 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。

このページの作成者・問合せ先

大阪市 環境局環境施策部環境施策課エネルギー政策グループ(エネルギー政策室)

住所:〒545-8550 大阪市阿倍野区阿倍野筋1丁目5番1号(あべのルシアス13階)

電話:06-6630-3483

ファックス:06-6630-3580

メール送信フォーム