ページの先頭です

「地域におけるプラスチック分別リサイクルモデル実証事業」(環境省モデル事業)を行います

2017年9月1日

ページ番号:408141

趣旨

 大阪市では、環境省の実証事業として、平成29年11月から1か月間、鶴見区の一部地域において、家庭から排出される容器包装プラスチックと製品プラスチックを合わせて回収し、効率的にリサイクルするシステムの検証を行います。

事業内容

(1)概要

  • 家庭から排出される容器包装以外の製品プラスチックも含めた一括回収を行い、資源化量の増加を図ります。
  • 市町村と再商品化事業者が行う選別・異物除去等作業を一本化することによる効率的な選別手法の実施・検証を行います。

(2)時期

平成29年11月(1か月間)

(3)実施地域

鶴見区の一部(榎本連合振興町会区域)

(4)収集品目

「容器包装プラスチック」及び普通ごみで収集している「製品プラスチック」。

ただし、ライターなどの危険物、おもちゃに付属する乾電池などを除く。

容器包装プラスチックと製品プラスチックの例

Adobe Acrobat Reader DCのダウンロード(無償)別ウィンドウで開く
PDFファイルを閲覧できない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Acrobat Reader DC をダウンロード(無償)してください。

(5)収集頻度

週1回(容器包装プラスチック収集の日に収集)

(6)出し方

対象品目をまとめてひとつの袋に入れて出す。

再商品化方法について

  現在、収集された容器包装プラスチックは、本市委託事業者が選別・異物除去等の作業を行い、再商品化事業者に引渡し、再商品化事業者による選別・異物除去等の作業が行われた後、再商品化しています。

   今回の実証事業により、本市委託事業者による選別・異物除去等の作業を省略し、本市中継施設から再商品化事業者が直接搬出して選別等を行った上、再商品化を行います。

 

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る
  • Google+で共有する

探している情報が見つからない

このページに対してご意見をお聞かせください

入力欄を開く

ご注意

  1. ご質問等については、直接担当部署へお問い合わせください。
  2. 市政全般に関わるご意見・ご要望、ご提案などについては、市民の声別ウィンドウで開くへお寄せください。
  3. 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。

このページの作成者・問合せ先

大阪市 環境局事業部家庭ごみ減量課市民啓発グループ

住所:〒545-8550 大阪市阿倍野区阿倍野筋1丁目5番1号(あべのルシアス13階)

電話:06-6630-3259

ファックス:06-6630-3581

メール送信フォーム

このページへの別ルート

表示