ページの先頭です

業務・産業用固体酸化物形燃料電池(SOFC)発電装置における共同実証事業でクラス最高レベルの発電効率を達成しました

2018年2月26日

ページ番号:428255

 大阪市では、「咲くやこの花館」において、官民連携により、業務・産業用固体酸化物形燃料電池発電装置(以下「業務・産業用SOFC」という。)の市場投入に向けた実証実験を平成30年1月26日(金曜日)から開始し、クラス最高レベルの発電効率52パーセントを達成しました。

 本技術の市場投入により、業務・産業部門における高効率な電気・熱供給が可能となり、業務集積する市域の低炭素な分散型エネルギーの導入促進が期待されます。

 本事業は、先進的な水素プロジェクト創出のための産学官プラットフォームとして大阪府市で運営する「H2Osaka(エイチツーオオサカ)ビジョン推進会議」の取組の一環として進めるものです。

 今後も水素エネルギー社会の構築に向け新たなプロジェクトを積極的に推進し、水素エネルギーの需要拡大に繋げてまいります。

 (注)SOFCとは
 燃料電池は都市ガスなどの燃料から改質した水素(H2)と酸素(O2)を化学反応させることで電気と熱をつくるシステムです。
 SOFCは、電解質にセラミックスを用いた燃料電池で発電効率が高く、高い発電温度の排熱も利用できるという点に優れています。

1 事業概要

実際の負荷環境下において、業務・産業用SOFCの連続運転を4,000時間以上行い、安全性や信頼性の評価及び設備導入によるメリットを確認します。

なお、本事業は、国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構の助成事業「固体酸化物形燃料電池を用いた業務用システムの実用化技術実証」の支援を受けて実施するものです。

2 実証事業者

日立造船株式会社

3 装置の仕様

  • 使用燃料:都市ガス(分類:13A)
  • 定格出力:20キロワット級
  • 発電効率:52パーセント以上
  • 本体寸法:幅2.2メートル×長さ4.3メートル×高さ2.8メートル

4 実証場所

咲くやこの花館(大阪市鶴見区緑地公園2-163

鶴見緑地指定管理者「鶴見緑地スマイル5」の協力を得て実施

5 実証期間

平成30年1月26日(金曜日)から平成31年3月31日(土曜日)、又は目標運転時間到達まで

6 本装置に関する問合せ先

日立造船株式会社環境事業本部開発センターSOFCプロジェクトグループ(担当:酒井)

電話:06‐6551‐9212

咲くやこの花館の設備棟前に設置した業務・産業用SOFCの写真

咲くやこの花館の設備棟前に設置した業務・産業用SOFC

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る
  • Google+で共有する

探している情報が見つからない

このページに対してご意見をお聞かせください

入力欄を開く

ご注意

  1. ご質問等については、直接担当部署へお問い合わせください。
  2. 市政全般に関わるご意見・ご要望、ご提案などについては、市民の声別ウィンドウで開くへお寄せください。
  3. 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。

このページの作成者・問合せ先

大阪市 環境局環境施策部環境施策課エネルギー政策グループ(エネルギー政策室)

住所:〒545-8550 大阪市阿倍野区阿倍野筋1丁目5番1号(あべのルシアス13階)

電話:06-6630-3483

ファックス:06-6630-3580

メール送信フォーム