ページの先頭です

ごみ減量(3R)の取組

2018年3月30日

ページ番号:429928

 大阪市では、平成28年3月に改定した大阪市一般廃棄物処理基本計画における減量目標「平成37年度のごみ処理量:84万トン」の達成に向け、市民・事業者・大阪市の連携のもと、3R(発生抑制、再使用、再生利用)の推進による、ごみ減量に取り組んでいます。

 計画では、優先課題とされる上流対策の2R(発生抑制、再使用)の取組を積極的に進めることとしており、家庭系ごみ、事業系ごみともに排出量の多い「生ごみ」の減量を特に推進しています。

食品ロスの削減

ごみの分別

家庭系ごみ(資源ごみ、容器包装プラスチック、古紙・衣類、拠点回収)

事業系ごみ

その他の取組

参考

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る
  • Google+で共有する

探している情報が見つからない

このページに対してご意見をお聞かせください

入力欄を開く

ご注意

  1. ご質問等については、直接担当部署へお問い合わせください。
  2. 市政全般に関わるご意見・ご要望、ご提案などについては、市民の声別ウィンドウで開くへお寄せください。
  3. 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。

このページの作成者・問合せ先

大阪市 環境局総務部企画課企画グループ

住所:〒545-8550 大阪市阿倍野区阿倍野筋1丁目5番1号(あべのルシアス13階)

電話:06-6630-3212

ファックス:06-6630-3580

メール送信フォーム