ページの先頭です

大阪エコ農産物認証制度について

2017年4月13日

ページ番号:39250

「大阪エコ農産物」の栽培にチャレンジしませんか


大阪エコ農産物認証マーク

大阪エコ農産物とはなんですか

大阪エコ農産物認証制度は、農薬の使用回数、化学肥料(チッソ)の使用量が大阪府内の標準的な使用回数・量の半分以下になるよう府が基準を設定し、基準以下で栽培される農産物を「大阪エコ農産物」として府が認証するものです。認証された農産物は認証マークを表示して販売されます。 

申請用紙・制度説明詳細

収穫される農産物の栽培を「エコ」にしてみませんか

食に対する安全・安心への関心が高まっています。安全で環境にもやさしい“大阪エコ農産物”を作ってみませんか。

「もしかして、うちの栽培方法はエコの基準に合っているかも。」と思われる方はぜひ、栽培記録を自主記帳し、年2回(6月、12月を予定)行われる相談会に参加いただくか、協議会事務局にご相談ください。

なお、平成29年6月の相談会は、次のとおり開催します。

大阪エコ農産物の申請相談会(平成29年7月申請分)

  1. 日時 平成29年6月6日(火曜日)午前10時30分から午後3時まで
  2. 場所 大阪市農業協同組合東住吉支店 2階会議室(大阪市東住吉区湯里4-7-22)
  3. 相談内容

(1)認定基準 農薬の使用回数と化学肥料(チッソ)の使用量が、大阪府内で栽培されている標準値の2分の1以下で栽培すること

(2)対象作物 米、野菜、花き類など多数(平成29年10月以降に収穫するもの)

※詳しくは、下記お問合せ先にお問い合わせください。

(3)作成書類 生産計画認証申請書、栽培記録帳(農薬、肥料、は種・収穫予定日、出荷量など)、ほ場地図

※収穫終了後、実績報告書をご提出いただきます。

(お問合せ先)

大阪市エコ農産物推進協議会事務局(大阪市経済戦略局産業振興部産業振興課内)

大阪市住之江区南港北2-1-10 ATCビル オズ棟南館4階

電話:06-6615-3751

申請→認証→収穫の流れ

7月申請(10月以降に収穫予定のもの)

7月申請
項目時期
市協議会への申請書提出期限6月末
大阪府知事の承認9月(予定)
収穫10月以降
市協議会への実績報告書提出期限翌年12月末

1月申請(4月以降に収穫予定のもの)

1月申請
項目時期 
市協議会への申請書提出期限12月末
大阪府知事の承認3月(予定)
収穫4月以降
市協議会への実績報告書提出期限

翌年6月末

※申請をされる場合は、栽培開始前に協議会事務局にご相談ください。

よくあるご質問(申請時期について)

質問

7月の申請受付時に、軟弱野菜で計画申請する予定です。申請以後に、播種(はしゅ)する計画ですが、収穫は8月から始まる可能性があります。申請は可能ですか。

答え 

エコ農産物として出荷できるのは、認証後になります。7月申請では、9月に大阪府エコ農業推進委員会を開催しますので、10月以降に収穫予定のものを申請してください。そのため、それ以前に収穫するものは認証できませんので、1月に申請してください。なお、1月申請では、3月に大阪府エコ農業推進委員会を開催しますので、4月以降の収穫予定のものを申請してください。

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする

探している情報が見つからない

このページの作成者・問合せ先

大阪市 経済戦略局産業振興部産業振興課農業担当

住所:〒559-0034 大阪市住之江区南港北2‐1‐10  ATCビル オズ棟南館4階

電話:06‐6615‐3751

ファックス:06‐6614‐0190

メール送信フォーム